奪う

全て 動詞
4,655 の用例 (0.01 秒)
  • 今の僕からあなたが奪われるというのは神が奪われるのと同じことです。 有島武郎『或る女』より引用
  • 女房を奪われながらも、万年屋は目と鼻の間の三州屋に宿を取っている。 小栗風葉『世間師』より引用
  • ここに至っては事実上、住居と営業との自由を奪われたといってもよい。 喜田貞吉『融和促進』より引用
  • 携帯電話は奪われたけど、この状況では持っていてもあまり意味がない。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • 三人のうちの右にいた男が寄ってきて、おれの腰から拳銃を奪い去った。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 今の僕からあなたが奪われるというのは神が奪われるのと同じ事です。 有島武郎『或る女』より引用
  • が、彼が奪って居るものは単に九人の被害者の生命だけではありません。 菊池寛『ある抗議書』より引用
  • いや、お春がいるのに、心を奪われる女に会ってしまうこともあり得る。 畠中恵『ねこのばば』より引用
  • かくして一方では話す言葉は奪われたが、一方ではまた読む言葉を得た。 大杉栄『獄中消息』より引用
  • 事実リーズは初めからしまいまでその悪戯いたずらに心を奪われていたのである。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • どんなことがあっても瑛子の職業を奪うようなことがあってはならない。 山口瞳『人殺し(下)』より引用
  • あたしは何も持ってなかっったから、誰もあたしから何も奪えなかった。 高遠砂夜『レヴィローズの指輪01』より引用
  • これがなかなかに厄介で、ここで大きく時間を奪われてしまったのです。 東野圭吾『天使の耳』より引用
  • そして彼女はなにも知らないうちに、ほとんど暴力的に肉体を奪われた。 豊島与志雄『女心の強ければ』より引用
  • 不愉快に思いながらも夫人はもういつかのように奪おうとはしなかった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • その能力が彼から死体に対する畏怖いふの念を奪い去ってしまったのだろう。 神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』より引用
  • の地では国にもたみにも裏切られ、土地も財もすべうばわれたというのに。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • と急に、自分のうちの何物かが彼女と共に奪い去られたような気がした。 豊島与志雄『掠奪せられたる男』より引用
  • あの帰りに貞盛とったことが貞盛に恋を奪われるもととなったのだ。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • それをちょっとした手違いで他の男に奪われてしまったのでございます。 林真理子『本朝金瓶梅』より引用
  • 次へ »