奥羽

全て 名詞
1,738 の用例 (0.02 秒)
  • それを示すように、古代奥羽の郷名には板東と共通するものが見られる。
  • 奥羽越列藩同盟に迎えられた頃に即位したというのは以下の研究による。
  • しかしこの時期、外部からはさらに大きな勢力が奥羽に近づいていた。
  • 数ヶ月後には但木土佐らは奥羽列藩同盟を率いて、政府軍と戦っている。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • 在国していた父信学とその家族らは、奥羽山脈を越えて仙台藩領へ逃げた。
  • なお、連盟の在期間中の優勝校は全て北奥羽リーグ所属校によるもの。
  • 奥羽地方での南北朝の対立は当初陸奥国多賀城を中心として行われた。
  • 奥羽としてひとまとめにする観念が生まれるのは鎌倉時代以降のことである。
  • この争乱は姻戚関係を結んだ奥羽の諸大名を巻き込む大乱へと発展した。
  • 河井の考えは新政府にも奥羽各藩にも味方しない武装中立であった。
  • しかしそのころから少しずつ奥羽諸国大不作のうわさが聞こえてきた。 藤沢周平『漆(うるし)の実のみのる国(下)』より引用
  • これは仙台藩のみならず、奥羽列藩同盟を戦略目標とする方針転換であった。
  • 奥羽は権力から落脱することで、「日本」の匂いをつくっていくだろう。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • 奥羽山脈を横切って東北本線と奥羽本線とを結ぶ国鉄の線区は五本ある。 宮脇俊三『終着駅は始発駅』より引用
  • 同県の白布温泉、福島県の高湯温泉と共に奥羽三高湯の一つに数えられる。
  • その年の九月が来て見ると、奥羽おううの戦局もようやく終わりを告げつつある。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 米沢駅から秋田駅まではほぼ奥羽山脈の西側に沿う様な形で進路をとる。
  • 仙台で幽閉されていた奥羽鎮撫総督九条道孝らを奇策を持って救出した。
  • 飯坂温泉は奥羽地方有数の古湯であり、古くは「鯖湖の湯」と呼ばれた。
  • 彼らはいつの間にか、奥羽地方から消えてしまったのであります。 喜田貞吉『本州における蝦夷の末路』より引用
  • 次へ »