奥義

全て 名詞
1,029 の用例 (0.01 秒)
  • そして奥義を得た剣心は比古と別れを告げ、志々雄の元へ向かうことに。
  • 自分で考えた奥義がこんなことになったのだ、それは無理からぬことだった。 西尾維新『刀語 07 第七話 悪刀・鐚』より引用
  • キャラクターの各奥義は描き下ろしのアニメーションが使用されている。
  • さらに泰範らを空海の下に派遣して密教の奥義を学ばせようとしていた。
  • 対戦中に剣質を変えることが可能な「変技ノカマヘ」という奥義を持つ。
  • ただそれが宗主以外には明かされないというだけで、秘伝の奥義となる。 姉小路祐『風水京都・竹の殺人』より引用
  • いや、必殺技と言うより、あの領域に至ればもはや奥義おうぎと言うべきだな。 西尾維新『真庭語』より引用
  • 通常の行為判定と同じく、奥義判定の達成値から活劇段階で決定される。
  • 単独版が使う奥義では普段の姿や言動からは想像がつかない怖い一面を見せる。
  • ともかくこれを剣の技術的な奥義書とならべて加えたのには別の意味があったのだろう。 坂口安吾『安吾武者修業』より引用
  • その他、奥義・水影心で写し撮った南斗聖拳の技を使用することもある。
  • 当時行者会の長であった松岡日恵に迎えられその地で奥義を開いたとされる。
  • 圓明流においては己の潜在能力を一瞬間限界まで引き出す技を奥義と呼ぶ。
  • 時貞の弟子・帆足親次は古示現流の奥義を極め、多くの弟子が集まった。
  • さらに伯は素戔神流の奥義である「霊斬」を使うことができるとされる。
  • 一族の奥義を極めた者は伝承者と呼ばれ、奥義と共に代々継承していく。
  • これらの技はゲーム内では「奥義」と呼ばれて体系化されている。
  • そして奥義をひらいて達観し、よく見えすぎる目で人間どもを眺めている。 坂口安吾『堕落論』より引用
  • そして奥義をひらいて達観し、よく見えすぎる目で人間どもを眺めてゐる。 坂口安吾『教祖の文学』より引用
  • しかも勿体ぶって奥義なるものを教えず、多くは口伝くでんにしてぼやかした。 稲垣史生『考証[時代劇]』より引用
  • 次へ »