奥田

全て 名詞
1,460 の用例 (0.01 秒)
  • 言語学者の三上章や奥田靖雄らに大きな影響を与えたことでも知られる。
  • いつであったか長い時間グラスを手に沈黙している奥田に言ったことがある。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • 奥田の、あまりにも軽い対応は、単なる好奇心からとしか思えなかった。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • 奥田の予想外の言葉をホテルで聞いてから十日がすぎた夜だった。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • 奥田は小さな声をあげたが、それは何がしかの衝撃を感じたからに違いない。 三好京三『琥珀の技 三船十段物語』より引用
  • 奥田の呼吸を計りながら、大きく息を吸い込むのを待っていたのである。 夢枕獏『東天の獅子 第三巻 天の巻・嘉納流柔術』より引用
  • 奥田にもだれにも相談するべきことではなかったのかもしれない。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • 奥田中学では1年生の時に投手となったが、2年生から外野手を務めた。
  • 近年、奥田民生との親交が深くなりアルバムやツアーにも参加している。
  • 奥田製薬株式会社は大阪府大阪市北区天満に本社を置く製薬会社である。
  • こんどこそ必殺のつもりで足をはねあげると、奥田の姿がふいに消えた。 三好京三『琥珀の技 三船十段物語』より引用
  • あるいは奥田は、三年前の秘事のことを口にするつもりかも知れなかった。 藤沢周平『隠し剣秋風抄』より引用
  • 四着の上下を幾通りにも組合せられるようにとの奥田のアドバイスである。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • やってきた奥田に、万穂子は慎重に言葉を選びながら、事情を説明した。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • 奥田が彫刻刀を持って机を彫る真似をしてきましたが、また黙ってました。 宮谷シュンジ『絶望の世界 0絶望の世界 僕の日記』より引用
  • 自分の心を正直にさらけだせる相手は、現在は奥田のほかにはいない。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • また、当時、奥田猛は自分が経営していた盡己塾でも授業を行っていた。
  • 僕自身が奥田と同じことをできるんだと思うと、ますます興奮してしまいます。 宮谷シュンジ『絶望の世界 0絶望の世界 僕の日記』より引用
  • そうでなければ、あのような状態で技など出ないことを、奥田は知っていた。 夢枕獏『東天の獅子 第三巻 天の巻・嘉納流柔術』より引用
  • 奥田がバーテンに合図し、次の注文をしているのを万穂子はとめなかった。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • 次へ »

奥田 で始まる単語