奥村

全て 名詞
1,422 の用例 (0.02 秒)
  • それつきり少年は、奥村さんの顔を見たことも声を聞いたこともない。 神西清『地獄』より引用
  • また、江戸時代末期の子孫は奥村助右衛門の名前を継承したといわれる。
  • 食堂の内装もな、少しでも故郷を偲ぶよすがにと奥村は思ったんやろな。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 保定に来てからは、編成上奥村とは滅多に顔を合わせることがなかった。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 明日出発と聞いて、保郎は何とか一言奥村に別れを告げたいと思った。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • しかし、毎日のようにキリストを語らずにはいられない奥村を思った。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • こんな霧の状態で上って行くのはきよ子と奥村ぐらいのものであった。 平岩弓枝『湯の宿の女』より引用
  • そんな中に育った保郎が、奥村光林を警戒したのは、極めて自然であった。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • そのことを知っての奥村のあの行動は、保郎をひどく驚かせたものだった。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 隣の尼寺の前に来ると、先ほど奥村家を教えてくれた女がやって来た。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 奥村光林氏との出会い、これも私たち夫婦にとって大きな恵みであった。 三浦光世『三浦綾子創作秘話』より引用
  • その時はじめて少年は、奥村さんの起居してゐる場所を意識にのぼせた。 神西清『地獄』より引用
  • 泣き出した兵隊を見つめながら、自分も泣いたであろう奥村の姿を思った。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 奥村は四十を過ぎたばかりで、大きな身体と大きな声を持っている。 藤沢周平『風の果て(下)』より引用
  • なにかのはずみに奥村と顔を合わせるようなことがあってはならない。 平岩弓枝『湯の宿の女』より引用
  • 奥村弥五兵衛と会った夜以来、大介は危険な尾行者の気配を感じていない。 池波正太郎『火の国の城 上』より引用
  • 保郎は思わず、奥村要平牧師のように畳にひれ伏して、神の名を呼んだ。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 奥村君はぼくよりも、陽子さんにつきあいたかったのかもしれません。 横溝正史『金田一耕助ファイル08 迷路荘の惨劇 v0.9』より引用
  • その奥村大膳と、水野美濃守とはしばしば連絡がとれているらしいのだ。 松本清張『かげろう絵図(上)』より引用
  • 座敷に奥村と二人残されると、急にあたりが静まりかえったような気がした。 篠田節子『レクイエム』より引用
  • 次へ »

奥村 で始まる単語