奥山

全て 名詞
1,451 の用例 (0.01 秒)
  • 奥山がそれにどう応えたのか不明だが、二人の関係はその後も変わらず続いていた。
  • 奥山はどこからか定期的収入を得ていた模様であった。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • ホームは奥山方に階段を有し駅施設外に連絡していた。
  • こういう奥山に塩の井が出るというのは、土地の人たちにも不思議なことでした。 柳田国男『日本の伝説』より引用
  • つまり奥山さんが死んだ前後にその主の体から離れた毛であることが検査によってわかっているのです。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 里に餌をあさりに来た鹿が、奥山へかへつていくところらしいのです。 新美南吉『鳥右ヱ門諸国をめぐる』より引用
  • それだけでも、すぐ近くまで奥山百合が来ていることを絵島が察しないはずはない。 杉本苑子『絵島疑獄(下)』より引用
  • 神谷が奥山と同じ秘密を握っているのであれば神谷のほうを先に消したはずである。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山謹二郎と楊君里もこの間の事情について知っていた模様である。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 兵庫県道344号奥山精道線は芦屋市内を南北に結ぶ一般県道である。
  • 奥山峠で七尾市に入り、七尾市吉田町地内で再び両側2車線の道に戻る。
  • 奥山の木が何百年何千年を生きて倒れてゆくのとはちがう。 高田宏『木に会う』より引用
  • その毛が同月同日頃に死んだと推定される奥山さんの指の爪から発見されたのですよ。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • もし奥山が智恵子ゆかりの地に住んでいれば、探し出せるかもしれない。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山治は、自らの白書に従って東奔西走し粛々と公約を実現させてきた。
  • 明治初年の神仏分離に伴い、奥山寺は廃寺となり現在の神社に改められた。
  • 奥山百合が非持村の囲み屋敷に奉公しはじめて、一年たったのである。 杉本苑子『絵島疑獄(下)』より引用
  • そして光太郎の意識には奥山の存在などなんのしるしももたなかった。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 彼がショックから立ち直らないうちに楊君里と奥山とのこれまでの経緯を話した。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 当駅跡から奥山方の線路跡は2007年8月時点で痕跡は無かった。
  • 次へ »

奥山 で始まる単語