奥山

全て 名詞
1,451 の用例 (0.01 秒)
  • 奥山の豆蔵だって、これだけしゃべれば五十や六十のぜにはかせげるのだ。 岡本綺堂『勘平の死』より引用
  • 早春の奥山の路の冷さは非凡人の感覚を通して初めて味はふことが出来る。 平野万里『晶子鑑賞』より引用
  • 奥山がこのような跳躍をしていれば、その間の生活史はまったくわからない。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 楊君里の死に関連して奥山に生きていられては都合の悪い人物がいたのかもしれない。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • そして今夜千坂が奥山の官舎へ来たことは絶対に口外してはいけないと命じた。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 奥山が角川と交渉してタイトルを譲渡してもらったのが本作となる。
  • 奥山は僕の父椿岳ちんがくさんが開いたのですが、こんな事がありましたっけ。 淡島寒月『諸国の玩具』より引用
  • 寛保年間頃から上奥山での盗伐事件が相次ぐようになりルートが拡大した。
  • 棟居が奥山謹二郎の消息を追って東北へ向かったのは、八月二日である。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山実は日本教がすでに芥川龍之介によって語られていると指摘する。
  • 千坂の妻が、奥山の妹であったことは、731の中で知られていない。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 僕の子供の頃の浅草の奥山の有様を考えると、しばらくの間に変ったものです。 淡島寒月『諸国の玩具』より引用
  • 奥山は死ぬ四、五日前にグロキシニアの鉢植を買ったことが判明した。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 奥山でおめえたちの芝居を見たことがあるんだそうだ。 皆川博子『恋紅』より引用
  • 奥山が握ったという千坂の弱みは推測にすぎず、証明されていないのである。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 奥山の話は榛野はんのという男の事に連帯して出るのが常になっている。 森鴎外『ヰタ・セクスアリス』より引用
  • 前橋に奥山の足跡はなくとも、彼がこの地へ来たことは確かなような気がした。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山百合がその手の爪を切り、お小僧の俊也は団扇で風を送っている。 杉本苑子『絵島疑獄(上)』より引用
  • その時、奥山ではなむけした時、時ならぬ深夜の人影をえる黒犬があった。 泉鏡花『黒百合』より引用
  • 奥山が智恵子と出会ったという福島県の海水浴場へも行ってみたい。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 次へ »

奥山 で始まる単語