奥山龍峰

9 の用例 (0.00 秒)
  • 八光流柔術は、大東流合気柔術をもとに初代・奥山龍峰によって創始された護身術である。
  • 弟弟子に当たる奥山龍峰の八光流柔術に入門していたこともあり、技法には共通点が多い。
  • 初代奥山龍峰から八光の型を学ぶ。
  • これらの試合について、のちに師の奥山龍峰が緘口令を布いたので、『奥山龍峰旅日記』で明らかにされるまで公表されなかった。
  • 高橋は、武田の弟子であった久琢磨・植芝盛平・奥山龍峰、植芝の弟子の富木謙治の戦前の剣術を演武している写真を比較し、いずれも右手前・左足前の中段構えが共通していることを論証した。
  • 平田に学んだ奥山龍峰が開いた八光流柔術に「皇方医学」や吉凶判断は受け継がれたが、八光流の皇方医学は、指圧を中心に、整骨法、体操などのみで、平田の皇方医学の全てを伝えていない。
  • 奥山龍峰は、1901年、山形県谷地町に生まれた。
  • 当初は空手を学んでいたが、奥山龍峰に出会い八光流柔術を、次いで細野恒次郎・吉田幸太郎から大東流合気柔術、佐藤金兵衛より柳生心眼流柔術を学ぶ。
  • その書簡は「秘そかに入門した中野君」「見よ鉄面皮の偽装振りを」題してとして『奥山龍峰旅日記』で記された。