奥山路

19 の用例 (0.00 秒)
  • それにはこの『奥山路』の研究が非常に珍しいものであり。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • その結果をまとめて書いたものが『仮名遣奥山路』であります。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • それは『奥山路』を基礎にして書いたもので、それを読めば龍麿の研究がどんなものであるかということがわかるのであります。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • もう一つは『仮名遣奥山路かなづかいおくのやまみち』で、これには寛政かんせい十年の序があります。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • このほか、江戸時代で注目すべき研究としては、石塚龍麿の『仮字用格奥山路』がある。
  • 龍麿がその書に『仮名遣奥山路』と名を附けたのは、これを仮名遣の問題として考えたものと思われますが、これは正しいと言ってよいと思います。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • そうして明治以後になって出来た国語学書の解説や国語学史にも『奥山路』の書名は載っていますが、こういう珍しい注目すべき研究であるということは一向判っていなかったのであります。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • しかし私が『奥山路』によってはじめてかような事実を知ったのでなく、独立して自身でこの事実を見出した、すくなくも或る部分だけは自分で見出したという関係からして、この書物が大変価値のあるものであることや、どんな性質のものであるかということも解りました。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • こんな奥山路おくやまみちにありそうもない華美かびな一団だ。 海音寺潮五郎『天と地と(二)』より引用
  • それから『仮名遣奥山路』の説、殊に十三の仮名における二類の区別につきましては、その後殆ど研究したものもなく、実際『奥山路』の研究がどんな性質のものであるかということさえ判った人も無かったようであります。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • なお、『仮名遣奥山路』で示されている区別のうち、エの2種類については他の学者によっても指摘され、ア行の とヤ行の の違いであることがわかっている。
  • ただしその指摘はまだ一部に限られており、この宣長の着想をさらに発展させたのが彼の門弟・石塚龍麿による『仮名遣奥山路』である。
  • のみならず、これは明瞭に説いてはおりませぬけれども、『奥山路』の中に、仮名の類を分けて、それぞれその仮名を用いる語を分けて挙げた処を見ますと、他のものは皆二つに分けてありますが、『古事記』においては「ヒ」だけは三類に分けているのであります。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • そうして契沖が研究したのは、以前から仮名遣として一般に知られている問題であるに対して、龍麿が見出したのは、これまで何人にも知られず、且つ上代の万葉仮名にのみあって、後の普通の仮名には見られない奥深いものであるという意味で、龍麿はその書を『仮名遣奥山路』と名づけたのであります。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • こういうことが『奥山路』に載っております。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • そこで宣長翁の弟子である石塚龍麿がその研究をいで、先ず清濁に関する研究を行って、その結果を集めて『古言清濁考』を作ったのでありますが、もう一つの特殊の語における仮名の使い方についても、また宣長翁の研究を拡充して『仮名遣奥山路』というものを作った訳であります。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • しかし龍麿の『奥山路』については大体の性質が解ったものですから、言語学会とか、国学院大学の国語学会で紹介したこともありますが、『帝国文学』に始めて「国語仮名遣研究史上の一発見」という題で大正六年の十一月号に書いたのであります。 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』より引用
  • 上代特殊仮名遣は、橋本が独立に発見し、その後石塚龍麿の『仮字遣奥山路』の記述の価値を見いだし、顕彰したとされる。
  • 石塚龍麿は『仮名遣奥山路』を著し、上代文献にはエに2種類あること、そしてキやコ、ヌなど十数個の仮名にもそれぞれ2種類の使い分けがあることを発見した。

奥山路 の使われ方