奥山謹二郎

41 の用例 (0.00 秒)
  • 奥山謹二郎が「ついすみか」をこの地に求めたとすれば、必ず新本籍の設定か、住民登録をしているであろう。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 彼女の死因を731部隊にさかのぼったのは誤りだったのではないのか、奥山謹二郎の死も老残の孤独死だったのではないか。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 楊君里と智恵子に関心が集中して束の間忘れていたが、奥山謹二郎の死因はまだ確かめられていないのである。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 楊君里の死の真相は徐々に輪郭を明らかにしてきたが、奥山謹二郎の死因は依然として霧のとばりの奥にある。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 奥山謹二郎不明死事件の捜査は膠着こうちやくした。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山謹二郎の消息は完全に消えていた。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 楊君里と奥山謹二郎を会わせてはまずい事情があった。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 長沼智恵子と奥山謹二郎について知る者はいなかった。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 楊君里と奥山謹二郎の死因を解明する手がかりもあるいはそこで拾えるかもしれない。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 彼は、井崎の死児にレモンを付けて楊君里に運んだ当の人物であり、奥山謹二郎の娘の婚約者であった。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 千坂義典の妻は、奥山謹二郎の末妹であり、奥山と智恵子は同郷の幼なじみであったのだ。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 捜査を開始してから古館豊明、奥山謹二郎の死に際会している。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • つづいて楊と古館豊明との間になんらかのつながりがある状況と「智恵子」と奥山謹二郎との〝接点〟について述べ、奥山の行方を探しているのだが、知っていたら教えてくれないかと頼んだ。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 純真な中学生だった奥山謹二郎にとって姉のように優しい智恵子が、「永遠の女性」として心の祭壇にまつられてしまった。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • すると、奥山謹二郎は遠い青春の幻影を追って同所に終の栖を定めたのではなく、731部隊の縁故にすがって来たことになる。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • まず奥山謹二郎の最後の消息がつかめた。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山謹二郎は高村智恵子と親しかったそうである。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 楊君里の弟の生体解剖に立ち会ったという元友禅染めの下絵画工橋爪は、奥山謹二郎と親しかった状況がある。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 棟居は、神谷勝文から聞いた「藪下技手」から、奥山謹二郎が住んでいた「ヤブ下マンション」を連想して藪下を割り出した経緯をおもいだした。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 高村智恵子と奥山謹二郎の青春の足跡を追って行った福島県原釜はらがまの海浜に咲き群がっていたグロキシニアと奥山の終焉しゆうえんの地となった文京区団子坂だんござかの花屋の店頭に咲いていたグロキシニアの色彩が重なり合い鮮やかによみがえってきた。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用