奥山謹二郎

41 の用例 (0.00 秒)
  • 二人の生活史の周辺に奥山謹二郎の生活の足跡を求めてきたのである。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 棟居が奥山謹二郎の消息を追って東北へ向かったのは、八月二日である。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山謹二郎と楊君里もこの間の事情について知っていた模様である。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • これで、奥山謹二郎の生活史が米沢にないことが確定したのである。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • そしてそれが、楊君里や奥山謹二郎の死につながりがありそうな気配である。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山謹二郎の生活の痕跡こんせきは、まったく残っていなかったのである。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山謹二郎もその事件に関連して死んだにちがいない。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 楊君里は、奥山謹二郎の出身地を訪ねて行った可能性もある。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • そこにはお届け先として奥山謹二郎の名前があり、注文客名には次の名前が記入されてあった。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • だが矢部説によっても奥山謹二郎の正体もその消息も依然として不明であった。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山謹二郎は、経歴を隠して都会の片隅のマンションに逼塞ひつそくしていた。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 同部隊と高村光太郎のわずかな接点は、奥山謹二郎という人物にかけられていた。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 棟居は奥山謹二郎の死因に犯罪性があることおよび731部隊にその原因があるのではないかと推測した経緯を語り、もし心当たりがあるならば教えてもらいたいと頼んだ。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • だれかが同家から奥山謹二郎の家へ飼い犬の毛を運んだ。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 棟居は、その「光太郎智恵子」の人生の中に、奥山謹二郎の消息を求めた。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • さて、奥山謹二郎氏の住所は判明いたしましたでしょうか。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 奥山謹二郎の出身地が一時米沢と疑われて、棟居は同地までその消息を尋ねて行ったのである。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 楊君里さん、奥山謹二郎氏、お二人の死には関連があり、我々は殺人事件とにらんでおります。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 前田良春が奥山謹二郎を手にかけたという心証は棟居の中でおおむね固まっていた。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 奥山謹二郎が、前橋から移転している場合、房友会のメンバーリストから行方を追えるかもしれないとおもったのである。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 次へ »