奥山百合

9 の用例 (0.00 秒)
  • 奥山百合も朋輩のお勢以せいともども、この日の供に加えられた一人である。 杉本苑子『絵島疑獄(下)』より引用
  • 奥山百合がその手の爪を切り、お小僧の俊也は団扇で風を送っている。 杉本苑子『絵島疑獄(上)』より引用
  • それだけでも、すぐ近くまで奥山百合が来ていることを絵島が察しないはずはない。 杉本苑子『絵島疑獄(下)』より引用
  • 奥山百合が非持村の囲み屋敷に奉公しはじめて、一年たったのである。 杉本苑子『絵島疑獄(下)』より引用
  • 奥山百合は、こんどの絵島の宿さがりに随行しなかった。 杉本苑子『絵島疑獄(下)』より引用
  • 奥山百合ゆりは、自分の名に愛着を持っていた。 杉本苑子『絵島疑獄(上)』より引用
  • 奥山百合と申すこれなる部屋子が、このたびお直奉公に替り、御次として出仕いたすことになりました。 杉本苑子『絵島疑獄(上)』より引用
  • それを聴聞ちようもんすること、法華経をひくく誦することだけを唯一の心やりとして、四十代、五十代の歳月を奥山百合にかしずかれながら、絵島は花畑の囲み屋敷で過ごしたのである。 杉本苑子『絵島疑獄(下)』より引用
  • 往来へは出たもののどちらへどう歩いてよいか戸惑い、迷い犬さながらしばらくは方角もわからずにうろうろしたあげく、やがてはだしを気にしいしい三々五々、散って行った中に、奥山百合がい、相ノ間の若江がい、お小僧の俊也もまじっていた。 杉本苑子『絵島疑獄(下)』より引用