奥山清行

13 の用例 (0.00 秒)
  • 究極のイタリアンデザインを表現したとされる独特のエクステリアのデザインは、同社のモデルとしては半世紀ぶりにピニンファリーナが手がけたもので、当時同社に所属していた日本人カーデザイナー・奥山清行によるもの。
  • デザインは、イタリアの高級スポーツカーメーカー・フェラーリのカーデザインで知られる奥山清行が監修した。
  • デザイン統括は奥山清行、最終デザイン案はジェイソン・カストリオタによる。
  • 後期型の456Mのデザインは奥山清行が手がけている。
  • デザインは奥山清行が担当した。
  • この時、後にピニンファリーナ入りしてデザイナーとなる奥山清行も万博でモデューロを見学したという。
  • 自動車雑誌「NAVI」に掲載された奥山清行の連載によると、奥山がピニンファリーナ在籍時に手がけたが、ヘッドライトのデザインは奥山によるものではない。
  • 車両デザインは奥山清行の監修となる。
  • この客車の内外装デザインは奥山清行が担当し、外装は宇宙空間をイメージした濃青色で包み、内装はモダンな大正・昭和ロマンの客室にプラネタリウムを用いたギャラリールームを設けた車内となっている。
  • エンツォフェラーリ・E6系のデザイナー奥山清行の監修により、川崎重工業が以下のキーワードを元にし担当した。
  • 奥山 清行は、日本の工業デザイナー、カーデザイナー。
  • デザインは、「フェラーリ・エンツォフェラーリ」のデザイナーとして知られる、元ピニンファリーナ社デザインディレクターの奥山清行が監修した。
  • デザインはピニンファリーナのチーフデザイナー、フランク・ステファンソン、スタイリングはデザインディレクター奥山清行が手掛け、先代456Mと比べよりエレガントな仕上がりを見せる。

奥山清行 の使われ方