奥山治

11 の用例 (0.00 秒)
  • 奥山治は、自らの白書に従って東奔西走し粛々と公約を実現させてきた。
  • 奥山治の時代も、次郎太夫同様に僻地・離島の総引揚げが国策として推進された時代であった。
  • 奥山治は、日本の僻地・離島が自らの故郷を捨てさせられた当時、孤軍奮闘し青ヶ島の生活と文化と暮らしを守りきった。
  • 奥山治は、島の名主となった佐々木次郎太夫の末裔である。
  • 以来、奥山治は、地方自治法除外地域時代、つまり1947年以前においても実態は統治者で村長であり、27年に亘る政治活動の中で、次々に村民の悲願を実現してきた。
  • 奥山治は、離島である青ヶ島村開発の最終目標は、恒久自立であり、且つ格差のない村民生活基盤の抜本的確立でなければならないとして、27歳にして本格的に政治家としての活動に入った。
  • 奥山治の出生地青ヶ島は、1785年天明の大噴火で全島民が避難し無人島になった。
  • 奥山治は、地下足袋姿で度々上京し、青ヶ島の現状を東京都庁前で断食をしながら陳情した。
  • 奥山治は帰郷後、八丈島、青ヶ島の国民学校の教員を務めたが、やがて1945年終戦を迎える。
  • 奥山治は、村長就任直後に青ヶ島の抜本的基盤の確立を旗印に膨大な「青ヶ島開発白書」を公表し、青ヶ島の開発振興についての所信を明らかにした。
  • 後進の育成にも努め、無双原理講究所からは奥山治、その後身である戦後の真生活協会からは、久司道夫、大森英桜、岡田周三、菊池富美雄らが育った。