奥山操縦士

12 の用例 (0.00 秒)
  • この試験に取りくんだ奥山操縦士は、練習機と戦闘機で飛行時間二千時間に近いベテランのテスト・パイロットだった。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • だから、奥山おくやま操縦士の事故で、一ヵ月や二ヵ月の遅れが出るのはとうぜんであった。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • 私は奥山操縦士のために無念で仕方なかった。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • それが、亡くなった奥山操縦士へのせめてもの恩返しだった。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • 奥山操縦士は飛行機から飛び出した。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • 奥山操縦士の乗っていた飛行機は、急降下でスピードを増したときに空中分解を起こしたのだから、一同がフラッタが生じたためではないかと考えるのもむりはなかった。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • しかし、いずれにしても、いままでの調査や試験の結果からは、なぜこのような大事故が発生したのか、その原因のきめ手になるものはつかめず、奥山操縦士の死という重大な犠牲を前にして、私たちはただ首をひねるばかりだった。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • わが航空技術界が、これによって貴重な経験の石を積み重ねたことを、はるかに奥山操縦士の霊に報告して、黙祷もくとうをささげた。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • いずれにしても、奥山操縦士の殉職は、速度の向上、定回転プロペラの採用など、技術上の未経験の領域に踏みこんだため起こったことである。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • 彼は、あのような見解を持っていたものの、二号機による奥山操縦士の事故の教訓もあり、やはりフラッタのことが気にかかっていた。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • 私たちは、会議のあと行われた奥山操縦士の廠内告別式にそろって参列し、霊前に深く頭を垂れ、心の奥でお詫びをした。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • 落ちたパラシュートの調査と目撃の状況によると、奥山操縦士は空中でなかば失神しており、地上に降り立ったような錯覚を起こしたのか、落下中に手をもぞもぞと動かし、無意識のうちにパラシュートの止め金具を開いてしまったらしい。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用