奥山和由

19 の用例 (0.00 秒)
  • 岡田は角川春樹と奥山和由を非常に評価し彼らを支援した。
  • 奥山和由による映画の企画段階では、深作欣二監督・ビートたけし主演の予定だった。
  • 当時松竹にいた奥山和由の製作チーム「チーム・オクヤマ」名義の作品である。
  • 本来この映画は、松竹のプロデューサー奥山和由が渡辺に対し「天皇・同和・警察問題さえ扱わなければ好きなものを撮って構わない」と言って製作費を渡したことから企画された映画である。
  • この時の後悔からか、奥山和由が資金面で困って岡田に頼んできた『ハチ公物語』は、製作に力を貸している。
  • 奥山和由は、本作や「ゴッドファーザー」を観て映画が好きになり、自身が実話ばかりを映画化するのは、事実に食い込んでいったこれらの映画に凄い迫力を感じ、その時代に育ったせいと思うと話している。
  • 当時松竹のプロデューサーだった奥山和由の解任騒動で、劇場での上映はこの映画祭のみだった。
  • しかしこれは一方的な発表であり、同日奥山和由が本社前でマスコミ各社に対しインタビューを受けたところ松竹により打ち切られる、という異常事態も生じた。
  • クラリオンガール発表を新聞で見た、映画プロデューサーの奥山和由に声をかけられ、以来仲良くなる。
  • 「シネマジャパネスク」とは奥山和由が中心となって進められたプロジェクトで、従来の全国画一的なブロックブッキングと異なる、邦画の新しい製作・興行体制の構築を目指すというものであった。
  • 同番組は松竹とのタイアップ企画で、グランプリ獲得者は奥山和由プロデュース、大林宣彦監督による主演映画が製作されることとなっていたが、奥村の失脚・退社によって実現しなかった。
  • 奥山和由の初プロデュース作品でもある。
  • 第1回開催の実行委員長には中島貞夫、総合プロデューサーは奥山和由、アートプランナーにはおかけんたが就任した。
  • また、第50回カンヌ国際映画祭において『桜桃の味』と共に作品賞に相当するパルム・ドールを受賞した作品であり、奥山和由のプロジェクト「シネマ・ジャパネスク」における唯一の成功作品である。
  • 奥山和由は「子どもに見せるな」というキャッチコピーで、危ない作品というイメージで作品を売り出した。
  • さらにその後1980年代後半、松竹の奥山和由が深作にアクション映画の企画を持ち込み、佐木隆三原作の『旅人たちの南十字星』、『その男、凶暴につき』の原型である『灼熱』、『怪人二十面相』などが企画されるも実現しなかった。
  • エグゼクティブ・プロデューサーを務めた奥山和由は、同じくドキュメンタリー映画の『TAIZO〜戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の真実〜』から数えて、4年ぶりのプロデュース作品となる。
  • 古森の「遙かなニッポン」に登場する日系マフィアのケン・エトーの数奇な物語は奥山和由プロデューサー、小栗謙一監督によって映画化され、2008年12月に「TOKYO JOE マフィアを売った男」として全国映画館で封切りされた。
  • また一ノ瀬の没後30年にあたる2003年には、『地雷を踏んだらサヨウナラ』をプロデュースした奥山和由の制作、中島多圭子監督によるドキュメンタリー映画『TAIZO〜戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の真実〜』も公開されている。