奥山

全て 名詞
1,451 の用例 (0.03 秒)
  • たまたま犯行の現場を目撃した者が奥山であったならばどうであろうか。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 奥山の部屋は、東西に長い棟の二階西の棟末の道路に面した位置にあった。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • すると奥山さんはなにか他の原因から命を縮められたことになります。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 数冊の研究書の年譜をあたったが、奥山について触れたものはなかった。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • うなずいて、みずから指導を買って出てくれたのは奥山交竹院であった。 杉本苑子『絵島疑獄(上)』より引用
  • いつもの通りに奥山の店から帰って来て、かれは台所で行水ぎょうずいを使っていた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 二人の生活史の周辺に奥山謹二郎の生活の足跡を求めてきたのである。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 棟居は奥山殺害の動機が731部隊に発しているにちがいないとみていた。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 最もしばしば話の中に出て来るのは吉原という地名と奥山という地名とである。 森鴎外『ヰタ・セクスアリス』より引用
  • やがて吉松が出てくると、そのあとをつけて奥山の茶屋へいったんです。 横溝正史『人形佐七捕物帳 03』より引用
  • 米軍上陸チームに渡された日本側協力者スパイのリストだと奥山はわめいた。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 奥山の死体の確認を求めたときは、死因については話していなかった。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 無駄かも知れないが、これから、奥山へ行ってみると源三郎はいった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 12 夜鴉(よがらす)おきん』より引用
  • 舅はそのときはっきりと顔色を変えて、警察を奥山に会わせてはまずい。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 奥山村と隣接する城西村を供給範囲として、1919年1月に開業した。
  • それは彼が奥山との関係を秘匿したがっている状況を示すものではないのか。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 奥山百合も朋輩のお勢以せいともども、この日の供に加えられた一人である。 杉本苑子『絵島疑獄(下)』より引用
  • 棟居はそこに奥山の住民としての記録の有無を当たってみるつもりであった。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • やみに隠されていた奥山の死因をめぐる状況が次第に浮かび上がってきた。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • だが奥山は731部隊に所属していて、数々の悪魔の所業を目撃した。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 次へ »

奥山 で始まる単語