奥さん

全て 名詞
13,844 の用例 (0.02 秒)
  • 教室で彼のうしろの席にいたのが、ついには奥さんになったこの女性だ。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • なぜあの奥さんは家にたくさんあるのにペーパーを買いにやるんだろう。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 奥さんはそれよりもっと底の方に沈んだ心を大事にしているらしく見えた。 夏目漱石『こころ』より引用
  • この奥さんの年をとっているのもあるいはそんなためではないでしょうか? 芥川竜之介『手紙』より引用
  • しかしその大部分は先生と先生の奥さんから得た材料に過ぎなかった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • その時奥さんが私を驚かした言葉を、私は今でも忘れずに覚えています。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 若い女はすぐに立去ったが、奥さんは先生とわたしに茶をついでくれた。 岡本綺堂『深見夫人の死』より引用
  • ちょうど廊下に足音がきこえたが、それは奥さんが帰って来たのだった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 奥さん連が、なんのことはない、みんな生れながらのお百姓ぢやないか。 岸田国士『荒天吉日』より引用
  • 劉 しばらく、君のゐないところで、奥さんに話したいことがあるんだ。 岸田国士『昨今横浜異聞(一幕)』より引用
  • 私が奥さんと話している間に、問題が自然先生の事からそこへ落ちて来た。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 私はその晩先生と奥さんの間に起った疑問をひとり口の内で繰り返してみた。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 念吉 奥さんは、今、飯の用意をしてゐますが、僕ぢやわかりませんか。 岸田国士『犬は鎖に繋ぐべからず』より引用
  • お清と大に仲のいい所を見せて、奥さんとのことを間接に打消すんだね。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 先生は奥さんの幸福を破壊する前に、まず自分の生命を破壊してしまった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • しかし奥さんの顔を見た時不意に我とも知らずそういってしまったのです。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 別れた奥さんがお客さんにサービスするのを見るだけだって悲しいんだ。 坂口安吾『街はふるさと』より引用
  • 私は奥さんのこの言葉から、頭の中でいろいろの事を考えさせられた。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • 奥さんは年を取っているだけに、私よりもずっと落ち付いていました。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 当時の私の眼に映った先生と奥さんの間柄はまずこんなものであった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 次へ »