奢侈

全て 名詞
670 の例文 (0.01 秒)
  • 即位した煬帝はそれまでの倹約生活から豹変し奢侈を好む生活を送った。 ...
  • 昔の人は国家のこの自然的弱点と老衰とを奢侈に帰するのが常であった。 ...
  • 父王から相続した豊かな富は、宮廷での奢侈と豪奢な建築に費やされた。 ...
  • 誰でもある程度の奢侈しゃし品を手に入れる権利がある、と校長は断言した。 ...
  • 奢侈品であった最高級ワインの需要が大きく落ち込んだのである。 ...
  • 簡約を尊んではいたが、その性格は度を超えて奢侈であったという。 ...
  • アウィトゥス帝はその奢侈と好色がローマ市民の非難の的となったという。 ...
  • 奢侈品を作る労働は終りを告げ、農業の必要労働は万人が喜んで分ち合う。 ...
  • そこには常に、失敗すまいかという不安があり、奢侈しゃしと貧困が格闘していた。 ...
  • 長く田舎暮らしの質素に甘んじていたので、何の贅食ぜいしょく奢侈しゃしも知らない。 ...
  • 足利将軍の奢侈しゃしと室町御所の規模をそのまま移したかのようである。 ...
  • 墓の品々はエジプト第4王朝の奢侈と生活の詳細を見せてくれた。 ...
  • それは栄玄がぜんに対して奢侈しゃしを戒めたことが数次であったからである。 ...
  • わたしは今までにも奢侈おごりの生活を送っていなかったのであるから、今後も特に節約をしようとも思わない。 ...
  • 宇都宮藩は他藩と比べて豊かだったようで、庶民が生活で奢侈に走る傾向が見られた。 ...
  • しかし奢侈で礼節に欠けるところがあり、文帝はこれを喜ばなかった。 ...
  • 人は、彼が支配し得る必要品及び奢侈品の多少によって富みまたは貧しいのである。 ...
  • 次へ