奚疑

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • そこで奚疑塾けいぎじゆくに學んだ壽阿彌は甥と書せずして姪と書したものと見える。 ...
  • 俳号を千前軒奚疑と号した。 ...
  • さらに学問を進めるために最初に京都で皆川淇園に師事するが意に満たず、天明4年に山本北山の奚疑塾に入る。 ...
  • 同年、師の天水が33歳で死去し、中野素堂の紹介で山本北山の奚疑塾に入門する。
  • 松山においても銀行設立の動きがあり、旧松山藩士族加藤彰と伊藤奚疑知両名は、銀行設立を奔走した。 ...
  • 文化5年に山本北山の弟子となり、奚疑塾に学ぶ。 ...
  • 境内には、稲城の地名の命名者といわれる漢学者窪全亮の私塾「奚疑塾」の功績を称えた顕彰碑が建つ。 ...
  • 最も有力な説によれば、稲城村の母体となった東長沼外五か村連合の戸長であり、後に初代の村長となった森清之助が、域内で私塾「奚疑塾」を主宰していた漢学者窪全亮に諮問した結果であるという。 ...
  • また帰途には郷里の親友の由井清と、伊藤奚疑の二氏が送りかたがた京都見物をするといって、附いて来たので、京都へ廻って月並ながら例の祇園、清水、知恩院、大仏などへ行って、南禅寺の門前の瓢亭で共に酒を飲んだ、この時に京都で始めて電車に乗った。 ...
  • 五郎作はわかい時、山本北山やまもとほくざん奚疑塾けいぎじゅくにいた。 ...
  • 名は信有、字を天禧、通称 喜六、憙六、北山は号、別号に孝経楼主人、学半堂逸士、奚疑翁、竹堤隠逸などがある。 ...
  • 奚疑塾は北山の家塾である。 ...
  • 私塾 奚疑塾を開き、門人は数百人にも及んだ。 ...
  • 門下に中村蘭林・中根東里・河口静斎・大地奚疑・浅岡芳所・室勿軒・伊東澹斎・奥村修運・青地斎賢・青地礼幹・小谷継成・河口仲賓・児玉図南・蘆野東山などがいる。 ...
  • 小宮山楓軒の「楓軒紀談」には栄について、 北山ノ奚疑塾ニ寄宿ノ門人十七人アリ、其内ニ婦人二人アリ 一ハ文姫ト云ウ 年三十歳許 書ヲ善クシ 詩ヲ能クス 嘗テ伊能勘ケ由ノ妾タリシモノナリ と書かれている。 ...