契機とする

80 の用例 (0.00 秒)
  • 学園紛争を大学生の私服化の契機とするという見方もあるが、それ以前に私服化は進んでおり、誤解である。
  • 応仁の乱を契機とする戦乱の世は、すでに七十年間続き、足利将軍の権威は地に落ち、天下は千々に乱れている。 咲村観『上杉謙信天の巻』より引用
  • 東海電気は名古屋市内において競合する名古屋電灯に対し、料金の安さを武器に追随し、日露戦争を契機とする電灯需要の増加に乗って需要家を獲得していった。
  • また、安全保障の面では90年代、ソ連の崩壊により冷戦が終焉を迎え国際社会の安定化が期待されたが、それまでの米ソ二極型対立構造の陰に隠れていた宗教や民族問題が次第に顕著となり、中東ではイラクのクウェート侵攻を契機とする湾岸戦争も勃発し、日本の国際秩序への姿勢も大きく問われることとなった。
  • 阪神・淡路大震災を契機とするレスキューロボットの研究グループの中から提案され、2000年のプレ大会から毎年夏に開催されている。
  • その後、製造物責任法の導入等を契機とする自己責任原則への移行等の情勢を踏まえ、政府認証を基調とする安全性確保体制から欧米先進国で既に一般化している民間機関による第三者認証制度を有効に活用する体制への変革が求められ、それらに伴い、平成13年4月に電気用品取締法から電気用品安全法への改正が行われた。
  • ヨーロッパの戦後復興の需要増に対応するため1919年には早くも工場が増築されたが、翌年3月の株式市場の暴落を契機とする恐慌によりアメリカでは国内産業保護のための関税引き上げが検討された。
  • 第二次世界大戦の太平洋戦線においては、緒戦期のアメリカ海軍の苦しい時期、ミッドウェー海戦を契機とする戦局の逆転、そして勝利への階段を一気に駆け上り始めるまでを見届けた歴史の立会者であった。
  • 魔道師として生まれ持った素質はなのはやフェイトと違いとびぬけて優れているわけではなく、若輩でありながらの優れた実力は、生真面目な性格と父の死を契機とする厳しい修練によって勝ち得たものであることが明かされる。
  • これは改易を契機とする抗戦を予防するためであり、江戸幕府は反乱の芽を摘み取るために細心の注意を払って改易を行った。
  • また、2000年代後半のリーマン・ショック等を契機とする世界的な景気減退と急激な円高ドル安の進行は、さらに日本の造船業界の競争力を低下させ、2014年には受注残すら無くなるのではないかとする2014年問題も懸念されることとなった。
  • 鎖国政策を転換して国際社会への復帰を急ぎ、経済復興を進めたが、1990年代に流行したネズミ講の破綻を契機とする暴動が発生するなど、近年も国情は安定していない。
  • 新潟県は同時期に加治川や、その支流・内の倉川においても、羽越水害を契機とする治水事業としてダムを建設している。
  • しかし、この国家百年の計を樹てることもとより重要な事業であるが、当面わが日本国家が直面してゐるこの非常時局を一億の国民が乗り切り、この難局をわが民族的飛躍の輝かしい契機とするためには、何を措いても先づ現行政治機構を速かに高度国防国家体制に推移せしめねばならぬ。 岸田国士『文化政策展開の方向』より引用
  • 近世初期における高浜村移民の縁を契機とする。
  • 諸藩が天明3年の浅間山噴火などを契機とする天災による不作にもかかわらず、自家の財政維持のために米を大坂市場へ飢餓輸出をしたことによる、全国的飢饉への対応の失敗や、商品経済の発展に伴う賄賂の増加などの反面、幕府の財政基盤の確立には成功した。
  • 宮崎市長の反対の背景には、高度経済成長と共に社会問題となっていた公害、環境問題に対する世論の関心の高まり、成田・伊丹を契機とする、反騒音・反公害運動の活発化を無視できなかったことにある。
  • 三河・遠江の国人の中には、今川家の統治に対する不満や当主死亡を契機とする紛争が広がり、今川家からの離反の動きとなって現れた。
  • 総武本線を市街中心地まで延長して他の路線と連絡させる計画は古くからあったが、関東大震災で市街地が焼失したことを契機とする区画整理の一環として線路用地を買収し、両国と御茶ノ水を結ぶ高架路線を建設することになった。
  • 資料的制約から研究は信玄・勝頼期が中心となっているが、前代の信虎期や後代の勝頼期へも視点が向けられ、三代期以前においても『吾妻鏡』の史料批判による鎌倉時代の甲斐源氏や武田氏に関する研究や、上杉禅秀の乱を契機とする甲斐国の動向に着目した南北朝・室町期の研究も行われている。
  • 次へ »