奏者

全て 名詞
4,869 の用例 (0.01 秒)
  • おじさまの計画を知り、そこにある奏者こそが自分だろうと思っていた。 大野木寛『ラーゼフォン第05巻』より引用
  • ラーゼフォンが、奏者を殺すようなことをすると思っているのだろうか。 大野木寛『ラーゼフォン第02巻』より引用
  • 演奏という意識的な行為が必要な分だけ、単身楽団ワンマン・オーケストラは奏者を限定します。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒03 プレイヤー・ブラック』より引用
  • 基本的には注文生産であり、奏者と職人の人間関係が大切であるとされる。
  • それと同じことが、神曲を通じて奏者の精神にも発生し得る、というのだ。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒02 サイレント・ブラック』より引用
  • しかしその頃はまだオカリナ奏者になりたいと考えていたわけではなかった。
  • 奏者の二人は、それぞれのホステスの声の質の相談にも乗ってくれる。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 再び日本人奏者の生演奏が始まったとき、会場にはざわめきが戻ってきた。 篠田節子『ハルモニア』より引用
  • 奏者は正面ではなくやや左を向き、右に首をかしげて唇を歌口に当てる。
  • 近年ではこの唄づけができない奏者が増えており、これを嘆く声も多い。
  • 各奏者にたえ間なく目は配られているが、けっして鋭い目つきではない。 五味康祐『西方の音』より引用
  • そこに奏者の魂がはっきりと込められていればそれはそれだけで神曲たり得る。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 日本では一部を除きほとんどの奏者はベーム式の楽器を使用している。
  • そのために必要なのが奏者の周りに散りばめられた各種の補助演奏装置である。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • ペダルから足を離す方法に比べて安定度が増す、とする奏者も存在する。
  • 奏者の一人が必要に応じて指揮をするこの手軽なやり方は現代でも行われる。
  • その他、運指や吹奏方法は三者共通であって、オーボエ奏者が演奏する。
  • 原則として一万石以上の譜代大名が任命され、奏者番を兼任していた。
  • その証拠に、青い光のゆらめく広大な部屋には、奏者ひとりしかいない。 菊地秀行『妖戦地帯2 淫囚篇』より引用
  • それは家庭での弦楽四重奏の奏者達から育って大きくなった社交場だった。
  • 次へ »