奏でる

全て 動詞
1,144 の用例 (0.02 秒)
  • 街の音楽は十五世紀の理想家が歌つた恋歌を奏でてゐるかのやうである。 牧野信一『変装綺譚』より引用
  • その言葉のもとに、拉致された女達は、強制的に神曲を奏でさせられた。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター』より引用
  • 神の楽器と呼ばれるテナント夫人が奏でる賛美歌は神の御業そのものだ。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • だが今から神曲を奏でてその効果が現れるまでには早くても数秒を要する。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 彼に気づかれることなく神曲を奏でることなど、どう考えても無理なのだ。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒03 プレイヤー・ブラック』より引用
  • 左手側には主にベース音や和音を奏でるボタンが多数配置されている。
  • 今の彼にはドーリスラエを満足させるだけの神曲を奏でることはできない。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • きみはピアノを奏でることによって、結子を外に連れだすことができる。 小池真理子『虚無のオペラ』より引用
  • さすがに音楽をかなでているのが成十郎だとは思いもしなかったが。 柘植めぐみ/北沢慶/山本弘『妖魔夜行 穢された翼』より引用
  • 残された方法はあの子がゼフォンをうまく奏でられるようにすることだけ。 大野木寛『ラーゼフォン第05巻』より引用
  • ちょうど笙を奏でる浮游と、男性神三体の人形たちの中間の場所である。 三雲岳斗『カーマロカ 将門異聞』より引用
  • まるで音楽を奏でていたスピーカーの電源を唐突とうとつに落とした時のように。 おかゆまさき『撲殺天使ドクロちゃん』より引用
  • 彼らは自分と同じく、神曲を奏でるには何かが足りない側の人間だ。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • 生徒達の声援が双方の奏でる神曲と混じり合って異様な空間を作り出す。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 女の手はまだ鍵盤の上で、気分の悪くなるようなピアノを奏でている。 篠田節子『ハルモニア』より引用
  • 波をわたる風は、大地が若い頃学んだ、古い歌を奏でているようだった。 モンゴメリ/神山妙子訳『アンの青春』より引用
  • 細眼にした間から穏かな瞳をしづかに私の胸の辺に投げて楽器を奏でます。 岡本かの子『愛』より引用
  • 彼に話しかけるのは、まるでたえなるヴァイオリンをかなでるにも似ていた。 ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • 詩として奏でるよりほかに、あの人間ごうを歌いようもないからであろう。 吉川英治『随筆 新平家』より引用
  • お前の皺の一つ一つは、私にとっては過去がかなでる一つの音楽である。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 次へ »