奉天

全て 名詞
1,549 の用例 (0.01 秒)
  • 奉天や新京といった都市とは異なった戦後生活があったように思える。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 今年は特に暖かいと言うが五日前にいた奉天の寒さとは格別の差がある。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • 北京遷都前の都であった盛京は奉天府と改称されて副都として扱われた。
  • それともう一つ、その夜あるいは十九日の朝には建川少将が奉天につく。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • 奉天派にも属したが、政治的立場としては孫文にも同情的であった。
  • 翌年に満州国が正式に成立した後に、奉天省教育庁庁長に就任している。
  • 奉天へ行ったら満鉄公所まんてつこうしょとまるがいいと、立つ前に是公ぜこうが教えてくれた。 夏目漱石『満韓ところどころ』より引用
  • そこへ、すでに新京や奉天はソ連軍が占領しているというデマが伝わった。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • これを機に形勢は徐々に日本軍へと傾き、日本軍は奉天会戦に勝利した。
  • しかし翌年の第一次奉直戦争で奉天派が敗北すると、劉も各職を辞任した。
  • そして奉天へ着いて十日目、まだ、安造は、どこにいるか分らなかった。 花登筐『あかんたれ 土性っ骨』より引用
  • 張はこの意見を入れ、六月三日特別列車を編成して京奉線で奉天に向った。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 優秀な成績で卒業した後に奉天へ戻り、都督府少校参謀に任命された。
  • 当線の奉天駅は本線の奉天駅とは接続しておらず、街中に存在した。
  • 奉天省立高等工業学校を卒業し、さらに1913年に南満医学堂を卒業した。
  • 後には奉天府を改めて東三省総督を置き、東省または東三省と呼んだ。
  • その講釈によると、奉天には昔から今日こんにちに至るまで下水と云うものがない。 夏目漱石『満韓ところどころ』より引用
  • 九月二十一日の新聞は、三十九旅団がすでに奉天に入ったことを告げていた。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 当時奉天は都市計画によってあちこちで街作りの真っ最中であった。
  • 満州では奉天へ行って、コーバイ町というところの酒飲む店で稼いだと。 山崎朋子『サンダカン八番娼館』より引用
  • 次へ »