奉仕

全て 名詞
4,460 の用例 (0.01 秒)
  • それは遠く無限の彼方にある「中央委員会」に奉仕させられていたのだ。 別役実『犯罪症候群』より引用
  • 自分のサービスや奉仕に限界がある事実を始めから承知していた。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • だいたい、目の前にいる僕は瑶を股間に奉仕させ続けている最中なのだ。 虚淵玄『沙耶の唄』より引用
  • かつての階級運動を裏切って、いまでは保守勢力の恥ずべき奉仕者です。 松本清張『迷走地図(下)』より引用
  • 自分は岸田君がこの事を感じて人類への奉仕を説いているように思う。 和辻哲郎『『劉生画集及芸術観』について』より引用
  • この力を持って生まれたものは、これに奉仕しなければならぬのだ。 クーパー『(闇の戦い1)光の六つのしるし』より引用
  • それは金龍に奉仕して四年目、私が二十八、金龍は二十七であった。 坂口安吾『ジロリの女』より引用
  • 彼女は新聞を配達する以外にも様々な奉仕活動をしていると言った。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • わたしはただちょっと愛するご主人様のためにご奉仕していただけじゃない! 有沢まみず『いぬかみっ!04』より引用
  • 一年半の奉仕だから五万円くらいはもうかっていいというのだろうか。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • こうした崇拝は、われわれの奉仕する自由とも見事に調和するであろう。 サド/澁澤龍彦訳『閨房哲学』より引用
  • 目録をつくっても収入にならないから、今では奉仕活動になりました。 ウエルズ/水嶋正路訳『解放された世界』より引用
  • ただ愛情深く奉仕し、敬愛の心をもって守っているとしか思われない。 井上靖『星と祭上』より引用
  • どこかに、相手が悪魔だとも知らずに、それに奉仕している連中がいるのだ。 半村良『獣人伝説』より引用
  • 小さい教会ながら、鎌倉山教会において毎週その奉仕もされていたのだ。 三浦光世『三浦綾子創作秘話』より引用
  • 奉仕とは「己れ」を捨てて「己れ」ならぬもののために盡すことである。 阿部次郎『三太郎の日記 第三』より引用
  • 私があなたにマゴコロこめて奉仕することを許していたゞきたいものです。 坂口安吾『ジロリの女』より引用
  • 翡翠は目を覚ました俺を見つめた後、それでも、熱心に奉仕を再開した。 奈須きのこ『歌月十夜 08 タナトスの花』より引用
  • わたしと友人たちは、きわめて急を要する件で教会に奉仕しています。 エディングス『エレニア記2 水晶の秘術』より引用
  • 之れは巴里祭の期間中これ等の踊り場がする、お得意様への奉仕であった。 岡本かの子『巴里祭』より引用
  • 次へ »