奉仕隊

24 の用例 (0.00 秒)
  • 第二中学校にも奉仕隊にも絶対に関係がない。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • けれども矢須子が広島の第二中学校の奉仕隊の炊事部に勤務していたというのは事実無根である。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 植木屋の設計した「山水」の丘の上に立つて彼は奉仕隊の婦人たちにスピーチをした。 片山広子『池を掘る』より引用
  • 建物の破壊は軍が行い、瓦礫の処理を奉仕隊が行った。
  • その後城館は勤労奉仕隊の施設に利用された。
  • 二人の話では、広島に高性能特殊爆弾という非常に強力な爆弾が落ち、兵隊や勤労奉仕隊のものも含めて全市民の三分の一が一瞬の間に死んでしまった。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 軍の要請での路線建設であったため、阪神の一般社員や学生の勤労奉仕隊なども動員した突貫工事が行われた。
  • 勤労奉仕隊は無料だったが、朝鮮人労務者は賃金をもらっていた。
  • 本勅令は、従来任意に存在した勤労奉仕隊を義務付けると共に総合的な調整を狙ったものである。
  • また建物疎開には、中学下級生および一般市民の勤労奉仕隊や病気などの理由により徴兵されなかった男子らが参加した。
  • 広島の第二中学校奉仕隊は、あの八月六日の朝、新大橋西詰かどこか広島市中心部の或る橋の上で訓辞を受けているとき被爆した。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • この施設は、国家勤労奉仕隊によって建設され、1933年の聖霊降臨祭に完成した。
  • 女ばかりの奉仕隊がみんな黒の防空服で大きなシヤベルを持ち、土を掘つたり運んだりする姿はまことに勇ましく、映画にもこんな光景はないだらうと思つて私はそつと障子の中からながめてゐた。 片山広子『池を掘る』より引用
  • 理由は、矢須子の縁が遠いという簡単なような事情だが、戦争末期、矢須子は女子徴用で広島市の第二中学校奉仕隊の炊事部に勤務していたといううわさを立てられて、広島から四十何里東方の小畠村の人たちは、矢須子が原爆病患者だと云っている。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 瓦礫の撤去に携わったのは主に国民学校高等科の生徒や、女性を中心とした「勤労奉仕隊」、病気などで徴兵対象から除外されていた男性などであった。
  • 矢須子に関する噂もその命脈通りに行けばいいのだが、そうは行かないで、矢須子の縁談で聞き合せに来る人があるたびに、広島第二中学奉仕隊の炊事部にいたという噂が蒸し返される。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 日本海外青年奉仕隊を構想し、局長の竹下登とともにインド・パキスタンや東南アジアを歴訪して青年海外協力隊発足に尽力した。
  • この年石川島で受刑者による全国造船奉仕隊の鋲打大会を行い、逃亡者なく、日本で初めての完全開放行刑をした。
  • これは1934年から1935年に国家勤労奉仕隊とハイデルベルクの学生が建設した、自称ゲルマン民族の礼拝場に設けられたギリシア風の外観をもつ屋外劇場である。
  • 扶余神宮建立には勤労奉仕隊を組織して派遣した。
  • 次へ »

奉仕隊 の使われ方