奉仕的

40 の用例 (0.00 秒)
  • 奉仕的理想を抱くことが大切であるとして数々の社会貢献活動を行った。
  • こういう、一種の奉仕的な活動をしている人というのが、苦手なのである。 赤川次郎『静かなる良人』より引用
  • みんなが社会不奉仕的な行為さえしなければ、矛盾は大幅にへるに違いない。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • しかし、それもみな奉仕的精神で集まったのであるから威張ることをしない。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • サービス精神とは、人を喜ばせようとする心、奉仕的態度、気持ち。
  • が、藤井は北がはじめて彼の思想上の著作を発表した当時から、奉仕的な友情をさへ見せて近づいて来てゐた。 島田清次郎『二人の男』より引用
  • もう一つ、メイヴンは手に入れた情報を他人に教えたいという、悲しいまでに奉仕的な性をもつ。 鹿島茂『セーラー服とエッフェル塔』より引用
  • 確かに、この過疎の村にあって、あれだけ立派な診療所を奉仕的な精神で開業してくれている監督は村の名士だった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 奉仕的に被爆者の看護に出ている者です。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 国に献納するんだというので、皆が殆ど奉仕的にやって呉れているので、費用は一カ月に三千円要るだけです。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • 現在から考えると、宣教師という奉仕的な仕事をしている人は、経済的に恵まれず、その個人生活を犠牲にして伝道活動をしていたと考えやすい。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • その流れから、左金吾も近代医学を学び、それを駆使して奉仕的に診療活動を行っていた。
  • きのうも到るところに、スイトン一杯十銭、奉仕的努力などと云う旗を出した小車の店を見た。 宮本百合子『日記』より引用
  • これは当局からも奨励されたことであり、某請負人が奉仕的に事に当るとの由だった。 豊島与志雄『絶縁体』より引用
  • フィランソロピーを改善することを目的とした、利他的活動や奉仕的活動、等々を指す。
  • この奉仕的というのについては、陰に或る不正が存在するとの噂もないではなかったが、まあだいたい衆議はまとまりかけた。 豊島与志雄『絶縁体』より引用
  • べ人数37万3000人の村民が奉仕的に人力作業の後1942年4月竣工した。
  • アガペー的な愛とは、親が子供に対する、先生が教え子に対する、奉仕的な愛のかたちであった。 梶山季之『罠のある季節』より引用
  • この主従関係は騎士道物語などのイメージから誠実で奉仕的な物と考えられがちだが、実際にはお互いの契約を前提とした現実的なもので、また両者の関係が双務的であった事もあり、主君が臣下の保護を怠ったりした場合は短期間で両者の関係が解消されるケースも珍しくなかった。
  • 幸に今日私共の運動は幾分の効果を収める事が出来ましたが、今一層徹底的に且又奉仕的に目的の貫徹を期する必要を認めて居る時に当たつて、政府当局が社会改善の根本的手段の一つとして私共の主張をもつと具体化させて見たいと言ふ希望から資金五十萬圓融通の約束を受けました。
  • 次へ »