奉仕団員

6 の用例 (0.00 秒)
  • 奉仕団員の一人が監視人にそう云ったが、医者も治療法のわからない病人だから滅多なことは出来ないと手を控えていた。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 韓国海外奉仕団は海外奥地で奉仕活動をし、開発途上国の未来に対する希望を与え、帰国した海外奉仕団員は韓国海外奉仕団員連合会を組織して各種国際協力事業と公益事業を進めている。
  • 勤労奉仕団員は、三次町を通過するものと庄原町を通過するものと、東城町を通過するものと三隊に分れて出発した。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • これは後日、重松が広島を引揚げて来てから勤労奉仕団員の一人が聞かしてくれた話だが、もうそのころには重松自身に原爆症状が現れていた。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • しかし、いずれにしましても戦争が行われておることは、まぎれもない事実でありまして、みなさんは勤労奉仕団員として戦友を迎えに赴かれるのでありますから、撃ちてしまんのしるしとしてお持ちになっておる竹槍だけは、決して落さないように御注意のほどをお願いするのであります。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 村長はこの演説を終ると、見送りに来ていた八十人あまりの人に「それでは、勤労奉仕団員の壮途を送るため、万歳三唱をお願いします」と音頭をとる両手をあげた。 井伏鱒二『黒い雨』より引用

奉仕団員 の使われ方