奉仕員養成講座

5 の用例 (0.00 秒)
  • 手話の養成事業としては、手話奉仕員養成講座入門が開かれている。
  • 多くの手話サークルの設立趣旨としては、手話奉仕員養成講座を修了した後の継続的な学びの場を作るためであった。
  • 市町村の手話奉仕員になるためには、市町村が実施する手話奉仕員養成講座の修了が必要である。
  • 手話奉仕員養成講座は入門課程と基礎課程に分かれており、基礎課程を修了し、登録すると手話奉仕員となる。
  • この手話奉仕員養成講座入門は、主催が市町村や、市町村社会福祉協議会であったとしても、市町村聴覚障害者協会と手話サークルの協力が不可欠である。

奉仕員養成講座 の使われ方