奉仕員

23 の用例 (0.00 秒)
  • 社会奉仕委員会の三役・執行部は社会奉仕員会の中で選挙を行って決める。
  • かつては家庭奉仕員と呼ばれ、現在は一般にホームヘルパーと呼ばれている。
  • この大学は、社会・保健課程および社会奉仕員の育成課程を有している。
  • 戦闘員としてではなく、YMCAと共に、奉仕員としてフランスに行った。
  • やがて、手話奉仕員や認定手話通訳者などの制度が整備されてきた。
  • 要約筆記作業に従事する通訳者のことを要約筆記奉仕員と呼ぶ。
  • 市町村には手話奉仕員が設置されている。
  • また、厚生労働省障害者社会参加促進事業の中で手話奉仕員の養成・派遣事業を行なっている地方自治体も多くある。
  • 手話の養成事業としては、手話奉仕員養成講座入門が開かれている。
  • 要約筆記奉仕員とは、難聴や聴覚障害のある人で手話の分からない人のために要約筆記を行う通訳者のことを言う。
  • 多くの手話サークルの設立趣旨としては、手話奉仕員養成講座を修了した後の継続的な学びの場を作るためであった。
  • この奉仕員は、資格ではないが、厚生労働省推奨の奉仕員養成プログラムを 受講してから、奉仕作業につくことが一般的になっている。
  • 神宝・装束は唐櫃の中に納めて祭場に並べ、奉仕員一同が揃ったところで祓い清める。
  • 昭和20年第2次大戦激化とともに、飛行機格納壕作りが始まり、1戸1人が奉仕員を出す。
  • 他の式年遷宮における祭儀で定められる時刻は奉仕員の参進する時刻であるが、遷御の場合は「出御」の時刻である。
  • したがって、祭主以下の奉仕員はそれよりも早く準備を開始し、遷御を拝観する特別奉拝者は更に早く所定の席に着き、出御を待つ。
  • 市町村の手話奉仕員になるためには、市町村が実施する手話奉仕員養成講座の修了が必要である。
  • 内宮の遷御では、玉串所役の権禰宜以上の奉仕員は大玉串を両手に持つが、外宮の遷御では、禰宜以上が玉串を持つ。
  • 最後に奉仕員が奉拝し、別宮を遥拝し、遷御を終了する。
  • 手話奉仕員の養成は「『障害者の明るいくらし』促進事業」及び「市町村障害者社会参加促進事業」に基づいて行われている。
  • 次へ »

奉仕員 の使われ方