奉仕会

24 の用例 (0.00 秒)
  • 引退後は公益財団法人千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会の会長を務めていた。
  • 川曳は、伊勢神宮奉仕会に属する内宮領の各学区で連合奉曳団を結成する。
  • これを主催する「千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会」とはどんな団体か。 高橋哲哉『靖国問題』より引用
  • 陸曳は、伊勢神宮奉仕会青年部が主催し、全国からの一日神領民も受け入れる。
  • このあと、十分の休憩を挟んで『奉仕会』が行われるらしい。 滝本竜彦『NHKにようこそ!』より引用
  • 木の丸太などで整備された階段状の登山道は「木曽御嶽奉仕会」などによる地元の有志や御岳信仰の関係者によって修復整備がなされている。
  • 後に千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会理事長を務めた。
  • 千鳥ケ淵戦没者墓苑では各団体が思い思いに慰霊祭を行なっていることが強調されるが、たとえば二〇〇四年秋の「奉仕会」主催の秋季慰霊祭は次のようなものだった。 高橋哲哉『靖国問題』より引用
  • これからは、「御奉仕会」ではないが、M女が金を払って、S男を買う時代が到来しそうだ。 鹿島茂『オール・アバウト・セックス』より引用
  • 戦時中の「大和奉仕会」時代に横浜や軽井沢に強制疎開の形で隔離収容されていた外国人シスターたちが母国に帰っていくと、その欠員は日本人シスターで埋められ、次第に日本人の割り合いの方が多くなっていった。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • これから奉仕会ですよ! 滝本竜彦『NHKにようこそ!』より引用
  • やがて外国人の神父やシスターは軍の命令で隔離され、病院も修道会も日本人だけになり「マリア奉仕会」も「大和奉仕会」と改称を命ぜられた。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • この石碑は千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会によって建立され、1960年に竣工し、国に寄附された。
  • 奉曳車は、御樋代木奉曳式・一日神領民の奉曳には伊勢神宮奉仕会が製作し神宮に献納したものが用いられる。
  • また、千鳥ケ淵戦没者墓苑の維持奉賛のため、公益財団法人として千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会が組織されており、清掃等の維持管理に協力している。
  • 礼儀作法に関する強制的な体系の下では、そのような家族構成員の時間と努力は、訪問、ドライブ、クラブ、慈善裁縫奉仕会、スポーツ、慈善団体、および他の似たような社会的行事をするのに好都合な顕示的閑暇の遂行に、外見上すべて費やされていることを求められる。 ヴェブレン/高哲夫訳『有閑階級の理論 ―制度の進化に関する経済学的研究』より引用
  • 伊勢市外の瀧原二宮・伊雑宮にも各々奉曳団または御木曳奉仕会があり、奉曳する。
  • 例年秋になると、千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会が主催する「秋季慰霊祭」が執り行われる。
  • 「会衆の聖書研究」・「奉仕会」および「ものみの塔研究」 の始まりの歌は、かならず教団により歌番号が指定され、「会衆の聖書研究」および「奉仕会」で用いる歌は 『わたしたちの王国宣教』に、「ものみの塔研究」 で用いる歌は、研究で用いる号の 「ものみの塔」 誌上に掲載される。
  • ハンセン病救済事業から始めて、内務大臣より「社団法人マリア奉仕会」として認可された。
  • 次へ »

奉仕会 の使われ方