奉仕をつづけ

18 の用例 (0.00 秒)
  • くちびると舌の奉仕をつづけながら、柚木は片手で律子の脚をさぐった。 阿部牧郎『危険な秋』より引用
  • 何分か奉仕をつづけたあと、充分に効果があったと一人ぎめしてのしかかってゆく。 阿部牧郎『オフィスラブ――甘い誘惑』より引用
  • そうしながらいまの舌の奉仕をつづけてほしい。 阿部牧郎『不倫の戦士たち』より引用
  • 十年もあこがれつづけてきた女が、いま口をとがらせて淫らな奉仕をつづけている。 阿部牧郎『ビル街の裸族』より引用
  • 直子が口で奉仕をつづけながら、右手で下方の袋をんでいる。 阿部牧郎『不倫の戦士たち』より引用
  • 死ぬような声をあげて跳ねる女体を押さえつけて、葉山はさらに指の奉仕をつづけた。 南里征典『赤坂哀愁夫人』より引用
  • 俊彦が理沙の腰の回転運動にあわせて腰をまわしはじめると、由貴は俊彦に舌の奉仕をつづけさせたまま、ふたりの結合部に顔を寄せていった。 日高剛『白昼の凌辱』より引用
  • 奉仕をつづけたがっている。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • かくて、義家以後も、東国の武士等は源氏の家人・郎党として代々奉仕をつづけています。 海音寺潮五郎『さむらいの本懐』より引用
  • 加藤清正は、これまで誠意をこめ、労苦をつくして、徳川家康のために奉仕をつづけてきた。 池波正太郎『火の国の城 下』より引用
  • ゆっくりとその人妻は奉仕をつづけた。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • 相変らず美希は、高松の男性に奉仕をつづけている。 阿部牧郎『不倫の戦士たち』より引用
  • そのまま奉仕をつづけた。 阿部牧郎『危険な秋』より引用
  • 奉仕をつづけながら、美希は両ひざをついた。 阿部牧郎『不倫の戦士たち』より引用
  • アシュラム・センターの事務を担当する岡崎澄子氏は、発足以来変わらぬ奉仕をつづけており、檜山嘉蔵氏はメキシコにある子息のもとにあって、八十歳を超えてなお、かくしゃくとしてアシュラム運動に挺身している。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 奉仕をつづけながら、玲子はうなずいた。 阿部牧郎『不倫の戦士たち』より引用
  • もう一つの、青白い、どんよりと鈍い感じの裸身は、やはりくちびると舌で柚木に奉仕をつづけている。 阿部牧郎『危険な秋』より引用
  • 佐野は奉仕をつづけた。 阿部牧郎『オフィスラブ――甘い誘惑』より引用