奉仕をする

34 の用例 (0.00 秒)
  • その他の時間をもって自分は自分の第三の奉仕をしなければならない。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • なぜなら、今までは彼だけがそうしたささやかな奉仕をしていたからだ。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • 連合の隠し部屋提供者の要望に応じての出張奉仕をすることである。
  • あの鏡が丘には、わたしも勤労奉仕をした丈夫な壕がありますけどね。 真尾悦子『いくさ世を生きて ―沖縄戦の女たち』より引用
  • それに対してSMクラブは精神的な奉仕をする場所だと思うの。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 行きがけの駄賃だちんに、建物に火をかけてやるくらいの奉仕をするかもしれない。 流星香『プラパ・ゼータ 2 天空の魔法陣』より引用
  • 彼自身それを承知していて、あの通りの奉仕をしている。 山田風太郎『銀河忍法帖』より引用
  • 球団名を産業軍に改称し、選手は工場で勤労奉仕をする傍ら試合を行った。
  • わたしの父はときどきヴェルスドルフの修道院でささやかな奉仕をしていた。 ヘッセ/佐藤晃一訳『郷愁』より引用
  • この円から一歩でも出たら俺も負けを認め、ブルマー姿で首輪付きご奉仕をしてやるぜ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 11 罪恋し編』より引用
  • じいやというのは神社や寺に、献身的な奉仕をするものをいうのであることはまえにもいっておいた。 横溝正史『金田一耕助ファイル19 悪霊島 下』より引用
  • 警察は、わたしが勤めて四十五年のあいだ、一七九九年から一八一五年まで、家庭に大きな奉仕をしてきましたからね。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(下)』より引用
  • 如何に日頃、他人のために奉仕をしていないかという証拠だ。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • 金銭はもはや、私に心要な奉仕をしてくれなくなったのだ。 ルソー/太田不二訳『孤独な散歩者の夢想』より引用
  • 彼の顔は、社会に奉仕をしていることを内心意識しているかのように、明るく晴れやかになったように見えた。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • そのチェルヴィ家にイタリア軍の若い兵士十数人が訪れ、労働奉仕をするから匿まって欲しいと言って来た。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • あとでわかったところによるとこの男の名は吉太郎といい、じいやというのは神社や寺に献身的な奉仕をする男のことをいうのだそうである。 横溝正史『金田一耕助ファイル19 悪霊島 上』より引用
  • 何もしてない時にもご奉仕をしたいと思っているのに、ビデオを拝見するとよりご奉仕させて欲しくなってしまいます。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • それがきっかけでアメリカで奉仕をする。
  • だからこそ、芸術は短い期間の政治にとってはマイナスとして作用することがあっても、長い期間にわたってのもっと大きな意味での政治に対しては他のものがなし得ないような独特の貴重な奉仕をすることが出来るのだと思うのです。 三好十郎『恐怖の季節』より引用
  • 次へ »