奉仕する

798 の用例 (0.01 秒)
  • そして隊内民主主義なくして、国民に奉仕する軍隊とはなりえないのだ。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • お前たち旧人類は、わたしたちに奉仕しながら消えていけばそれでよい。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 戦前の内務省は全国を支配し、政権党に奉仕する機関になっていたのだ。 星新一『きまぐれエトセトラ』より引用
  • 明日は私たちの勘定で折笠先生の子供さんたちに奉仕しようではないか。 島尾敏雄『出孤島記』より引用
  • 自己の本質によつて是認せられざるものに奉仕するは奴隷の奉仕である。 阿部次郎『三太郎の日記 第三』より引用
  • インドで奉仕している時、若い婦人が手紙で宣教の働きについて尋ねた。
  • しかし彼自身は自らの能力が及ぶ限り、国に奉仕したと確信していた。
  • それは全て公に奉仕する為にそなたたちに一時預けられているものである。
  • 先生はむしろ戯曲に奉仕した側の人だな、戯曲に演劇の全生命を求めた。 岸田国士『対話』より引用
  • キャリア組が公共に奉仕する義務感をいだいているかどうかも謎である。 谷沢永一『人間通と世間通 “古典の英知”は今も輝く』より引用
  • 重みのかかったかれの身体を片手が、最後の力をこめて佐野に奉仕した。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • そのために、おれと接触した人間はみんなおれに奉仕する義務がある。 山田風太郎『明治波濤歌(下) 山田風太郎明治小説全集 10』より引用
  • 従って眞王の御魂と接し、巫女みことして奉仕ほうしする者達とも多く会っている。 喬林知『今日からマ王 第04巻 「明日はマのつく風が吹く!」』より引用
  • それに立ち対ふ時はもはや詩のかけらをも奉仕してはならぬのだ。 中野重治『室生犀星』より引用
  • この力を持って生まれたものは、これに奉仕しなければならぬのだ。 クーパー『(闇の戦い1)光の六つのしるし』より引用
  • それは金龍に奉仕して四年目、私が二十八、金龍は二十七であった。 坂口安吾『ジロリの女』より引用
  • わたしはただちょっと愛するご主人様のためにご奉仕していただけじゃない! 有沢まみず『いぬかみっ!04』より引用
  • こうした崇拝は、われわれの奉仕する自由とも見事に調和するであろう。 サド/澁澤龍彦訳『閨房哲学』より引用
  • ただ愛情深く奉仕し、敬愛の心をもって守っているとしか思われない。 井上靖『星と祭上』より引用
  • どこかに、相手が悪魔だとも知らずに、それに奉仕している連中がいるのだ。 半村良『獣人伝説』より引用
  • 次へ »