奉仕させる

32 の用例 (0.00 秒)
  • それは遠く無限の彼方にある「中央委員会」に奉仕させられていたのだ。 別役実『犯罪症候群』より引用
  • だいたい、目の前にいる僕は瑶を股間に奉仕させ続けている最中なのだ。 虚淵玄『沙耶の唄』より引用
  • 彼に一方的に奉仕させてばかりではいけないような気がした。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • 渡海家は千年の間、娘を伊勢神宮に奉仕させるという家職に従ってきた。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(下)』より引用
  • 彼が海人を意のままに、自分の快楽に奉仕させているように見える。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • 彼に奉仕させてばかりではいけないのじゃないかしら。 南里征典『自由ケ丘密会夫人』より引用
  • 今や、自分のどんな能力にも奉仕させることができるではないか! 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • 人類が人工知能を支配し奉仕させているという設定もある。
  • そうすれば、おまえたちの惑星は、われわれに奉仕させてやる。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ6) 三惑星連合軍』より引用
  • 彼は三日もつづけて彼女を奉仕させ、荒々しく彼女を痛めつけた。 レアージュ/澁澤龍彦訳『O嬢の物語』より引用
  • これは政府が宗教団体を統制し、国策に奉仕させる形で掌握することを意図していた。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • 僕は、本能的に、これから先もまた、勤労奉仕させられると感じた。 梶山季之『族譜・李朝残影』より引用
  • 絵画的ということは、彫刻や建築やを一層視覚的快楽に奉仕させるようになる。 風巻景次郎『中世の文学伝統』より引用
  • 何もしてない時にもご奉仕をしたいと思っているのに、ビデオを拝見するとよりご奉仕させて欲しくなってしまいます。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • 終わりのない当直をつづけながら領督りょうとくのために奉仕させられていた場所で、かつての愚人ぐじんたちは自由の身になりはじめていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 彼は、自分たちの行動が崇高だなどと思っていなかったし、相手の目的に奉仕させられているのは、フェザーンではなく自分たちであることを知ってもいた。 田中芳樹『銀河英雄伝説 04 策謀篇』より引用
  • 生れつき与えられた力を神聖にし有益にするために、彼はそれを聖職制度に奉仕させる必要があった。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(上)』より引用
  • だが後奈良天皇が祥子を伊勢神宮に斎宮として奉仕させるとお決めになられたために、二人とも涙ながらに結婚を断念した。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • 彼等が文化の頽廃と称するものは、文化を文化外的な権力に奉仕させるのに便宜でないということに他ならない。 戸坂潤『認識論とは何か』より引用
  • 一人ひとりの人間の持つそれぞれの求めにコンピューター技術を奉仕させることで、人間は次のステージの切符を手にし、そして社会も変わりうるのではないか。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • 次へ »