奉り候

80 の例文 (0.00 秒)
  • 右につき急速お談じ申したきこと御座候間、この人同道ご光来待ち奉り候。 ...
  • 数年御治療のところ被労御精心の段ほぼ承りさてさて御頼もしく存じ奉り候。 ...
  • 内府を討ち奉り候ても君がおいのちは百日を過しなされまじき御顔色にて御座候。 ...
  • それをなんぞや、においばかりかがしたきりで、ご賢察願いあげ奉り候とはくどいですよ。 ...
  • 拝啓 残暑かえって厳しき折柄いよいよ御清健のことと拝察よろこたてまつり候。
  • と申され候へば「かしこまり奉り候」と申して、皆々悦よろこび勇んで帰村仕り候事。 ...
  • 私考え候ところにては、交易条約御取り結びのほか、御扱い方もこれあるまじくと存じ奉り候。 ...
  • そして「いよいよ御勇猛にならるべく御越歳目出度き儀と存じ奉り候」とある。 ...
  • 未だ一人土屋三蔵尋常に勝負仰付下し置かれたく願い奉り候。
  • 高杉の遺言に、 「死後は墓前にて芸妓御あつめ、三絃など相鳴らし、お祭り下さるよう願い奉り候」 とあるところを見ると、これを死の直前に自分で実行してみたくなったのだと見られないこともない。 ...
  • 私はこれを「しかしながら、やむを得させられざる儀到来に及び候ては、是非に及ばざる儀にこれあるべしと存じ奉り候」と読み、上述のように解釈したのですが、この文書のこの部分は多くの歴史学者が見のがしており、たとえ採用しても十分に利用していません。 ...
  • 冷光院様御霊魂御照覧に相叶あいかない候えかしと存じ奉り候までに御座候。 ...
  • 以来御知己の内へ加へられ置き下さるべく頼み奉り候。 ...
  • 伊賀組女どもの儀越前守様の御立腹重々ごもっとも恐れ入り奉り候。 ...
  • 紹介業に無之これなく候際は、小生こと金田様の店にて働く心算つもり御座候故ゆえ、御手数乍ら御内密に御調査の上、御一報賜りこの段御願い奉り候。 ...
  • 貴様あなたさまいよいよ以て無事お勤めなさるべく珍重に存じ奉り候。 ...
  • こうしてひたすら「恐れ入り奉り候」では、慶喜にもそれ以上の追及のしようがない。 ...
  • 次へ