奈落の闇

8 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は腕時計を見、よく晴れた八月の空を見、そして立ちめて来る奈落の闇を見た。 福永武彦『海市』より引用
  • この世の奈落の闇でくすぶっているやくざ者たちを、このあたりではくすぼりヽヽヽヽと言うのである。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • 犯人は、血まみれのシャツで市内を彷徨している所を、時を置かずに捕えられたが、少女の心には、癒しようの無い傷が奈落の闇のように深く刻みつけられた。 辻内智貴『セイジ』より引用
  • 詩乃を襲ったときの、奈落の闇を映した恭二の眼ばかりが黒く広がって、彼の顔をちゃんと思い出せないような気がした。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • 高みに上らされ、さんざんもてあそばれ、挙句の果てに奈落の闇に突き落とされたのだ。 鈴木光司『らせん』より引用
  • あの手のまわりにある奈落の闇は、実体のない暗示で、ぐらぐらした、たえず揺れ動く形でみたされていた。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 何から何まで、そこに集う人物の一挙手一投足、そして彼らの抱く様ざまの想いから、墜ちゆく奈落の闇の深さまで、ことごとく組立てられ、決定され、遂行されていたとでもいうのだろうか。 竹本健治『匣の中の失楽』より引用
  • 彼は明晳めいせきな自覚を持ち、腕時計の小さな秒針がくるくる廻り、長針がゆっくりと時を刻んで行くのを見詰めながら、奈落の闇を感じていたのだ。 福永武彦『海市』より引用