奈落の人々

6 の用例 (0.00 秒)
  • ジャック・ロンドンの「奈落の人々」がやはりふれて来ます。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • ジャック・ロンドンが「奈落の人々」というルポルタージュを書いてロンドンのイーストの恐ろしい生活の細目を世界の前にひらいてみせた。 宮本百合子『あとがき(『宮本百合子選集』第八巻)』より引用
  • 講演もしばしばやり、ロンドンの貧民窟を訪れては、その見聞記を「奈落の人々」という小説にし、それを自分としては最大の傑作と考えている。 ロンドン/山本政喜訳『白い牙』より引用
  • この経験の記録が後で「奈落の人々」に結晶したのであって、それはジャック自身が最も愛好し最も自信をもつ作品であり、事実下層社会を取り扱った世界的名著の一つにかぞえられている。 ロンドン/山本政喜訳『野性の叫び』より引用
  • バスの行く道すじは、ジャック・ロンドンが「奈落の人々」の中に辿った道順とほとんどちがわなかった。 宮本百合子『道標』より引用
  • ロンドンの貧民を描いた「奈落の人々」、小児労働の禍害を描いたクラシック「神の笑うとき」、階級の争闘を書いた「階級の戦争」と「鉄の踵」、浮浪者の生活を描いた「道路」、自伝的小説「マーティン・イーデン」「ジョン・バーリーコーン」等がある。 ロンドン/山本政喜訳『野性の叫び』より引用