奈落に落ち

26 の用例 (0.00 秒)
  • 自覚があるだけに、考えると奈落に落ちてしまうカイルロッドであった。 冴木忍『カイルロッドの苦難 1 旅立ちは突然に』より引用
  • また自ら奈落に落ちたり、壁などに激突して倒れるなどの方法もある。
  • ガンダルフは奈落に落ちた後の出来事、バルログとの死闘と復活を語る。
  • それが、あの女のおかげで、一瞬のうちに、奈落ならくに落ちてしまった。 西村京太郎『特急「白山」六時間〇二分』より引用
  • 少しでも馬のあつかいを間違まちがえたら、逆様さかさま奈落ならくに落ちてしまうことだろう。 桜庭一樹『GOSICK 第2巻』より引用
  • ななめに転がったので、あとほんの数センチではるか下の奈落ならくに落ちそうになった。 桜庭一樹『GOSICK 第2巻』より引用
  • 欲望で全身がふくらむ思いなのに、頭のほうは眠くて奈落に落ちてしまいそうだ。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • 奈落に落ちかけた心がなにかをさけぼうとした。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス12 ブラック・アラベスク』より引用
  • 何百人もが奈落ならくに落ちてゆく。 喬林知『今日からマ王 第07巻 いつかマのつく夕暮れに!』より引用
  • ダークウッドが自滅すると、それを追うように他の部下たちも奈落に落ちていった。
  • ついに燃え落ちて、燃え残りが、あざやかな橙色だいだいいろかがやきながら奈落に落ちていった。 桜庭一樹『GOSICK 第2巻』より引用
  • 奈落に落ちた亡者が、相手をおとしめるための手がかりを見つけた、そんな表情をして。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • サッシンは奈落に落ちたときの予見から、あの地下アングラに身を置き、鍛錬をいまから身につけようとしているのではなかろうか。 松本清張『空の城』より引用
  • 総裁室を出た三雲は、陽のし込んで来ない中世の回廊のような薄暗い廊下を悄然しようぜんと歩きながら、奈落ならくに落ちて行くような思いに打ちひしがれた。 山崎豊子『華麗なる一族 下』より引用
  • 金鳳はそうささやき、恋人を見送る瞳のままで、遠ざかる軍人をいつまでも見やりながら奈落に落ちていった。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • 白壁に真顔でさとされて、比夏留はふたたび奈落に落ちた。 田中啓文『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会その2 邪馬台洞の研究』より引用
  • ブロートは手をすべらせ、奈落ならくに落ちかけたが、上の護衛たちがささえるロープと固定ハーネスのおかげでしばらく宙吊りになっただけですんだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 司祭はルシフェルの妬みと慢心のことや天の星々の三分の一がルシフェルとともに奈落に落ちたことから説きおこした。 セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』より引用
  • 何度も冷たい奈落に落ちかけ、重合空間のはざまを漂う幽霊と化すことを怖れて、全精神力をふりしぼっても、闇は彼の全身を包んだ。 菊地秀行『妖戦地帯3 淫闘篇』より引用
  • 怪物バルログとの死闘で奈落に落ちたかれは、そこで死の試練を受け、さらに強大な魔術師となって現世に復活したのだ。 荒俣宏『別世界通信』より引用
  • 次へ »