奈良県立橿原

26 の用例 (0.00 秒)
  • 奈良県立橿原公苑野球場は、奈良県橿原市の橿原公苑にある野球場である。
  • 公苑に隣接する施設として奈良県立橿原考古学研究所および付属博物館がある。
  • 出土遺物は奈良県立橿原考古学研究所と生駒市教育委員会に保管されている。
  • これらの遺物のは奈良県立橿原考古学研究所附属博物館に収蔵・展示されている。
  • しかし、奈良県立橿原考古学研究所の発掘調査の結果、発見された礎石建物は廃城後の奈良時代初期の建物跡であることが判明した。
  • 長く奈良県立橿原考古学研究所指導研究員を勤めた。
  • その後奈良県教育委員会に入り、奈良県立橿原考古学研究所の研究員として発掘調査にたずさわった。
  • なお出土品の実物は保存処理を施された上、奈良県立橿原考古学研究所にて保管されている。
  • 県道を隔てた東側は奈良県立橿原公苑として整備されており、橿原公苑野球場や橿原公苑陸上競技場があり、スポーツ競技の奈良県予選決勝の舞台として頻繁に利用されている。
  • 調査にあたったのは奈良県立橿原考古学研究所である。
  • というのは、それとこれと直接の関係はないけれども、この一、二年、奈良県立橿原考古学研究所は二つのたいへん意義ある実験をした。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 03』より引用
  • 以上の出土品は、東京国立博物館、奈良国立博物館、奈良県立橿原考古学研究所に寄託されている。
  • なお、奈良県立橿原考古学研究所では、古代由来の地名だけの「佐紀古墳群」としている。
  • 奈良県立橿原考古学研究所や桜井市教育委員会の陵墓指定の範囲の外側を発掘した調査により、墳丘の裾に幅10メートルの周壕とさらにその外側に幅15メートル以上の外堤が存在していたことが確認されている。
  • 出土品は日本国所有で、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館において保管・展示されている。
  • 地元の人達が明日香村に働きかけ、明日香村が資金を捻出し奈良県立橿原考古学研究所が発掘調査することになった。
  • 奈良県立橿原考古学研究所付属博物館と奈良県東吉野村の刀匠河内國平の手によって七支刀が復元制作されている。
  • 奈良県立橿原考古学研究所所長の末永雅雄の指揮のもと、現場での発掘は伊達宗泰と関西大学助教授の網干善教を中心とした関西大学と龍谷大学の研究者・学生グループによって行われた。
  • 大学院修了後、兵庫県教育委員会に入り、のち奈良県立橿原考古学研究所の所員となって1971年より関川尚功とともに奈良県桜井市の纒向遺跡の発掘調査に携わった。
  • その成果は、2010年6月26日、関西大学で開催された日本文化財科学会において、奈良県立橿原考古学研究所およびアジア航測株式会社によって発表された。
  • 次へ »