奈良県平群町

30 の例文 (0.04 秒)
  • 当初は奈良県のみの放送であったが、近畿地方にも放送が拡大となった。 ...
  • 台風の通過・被害が多いが、九州のほかの県と比べると少ない方である。 ...
  • 将来的に既存のすべての国家は解体され、世界政府の一県や一州となる。 ...
  • その後も隣接の地区とで管轄県の移動があり、2005年に7県となる。
  • 競走後も日ごとに動きが良化し、厩舎内でも特に優れた馬と見られ始めた。 ...
  • 近年では縁なし畳と同様、見栄えの良さから様々な場所に使用されている。 ...
  • 小型大出力、起動時間の短さ、整備性の良さ等が評価された結果である。 ...
  • 県の北側から東側にかけては海に面しており、多くの港が設置されている。 ...
  • 九州某県を舞台にした戦いはやがて海を越えて世界にまで飛び火する。 ...
  • これが、奈良を中心とする寺院の間に、出版事業を興させるようになる。 ...
  • これが、奈良を中心とする寺院の間に、出版事業を興させるようになる。 ...
  • その接客設備の良さから次第に特急列車にも使用されるようになった。 ...
  • そのため四国全体はもとより、県単位でも4県全てで減少となっている。
  • この際に統合された旧県の旧県庁所在地などに支庁を置く例が多く見られた。 ...
  • ウガンダではムセベニ政権の成立以後、県の増設が盛んに行われてきた。
  • これらは、県の中央部に位置していることから大会等での活用も図られます。 ...
  • 新しい仏教をもって、奈良の旧仏教に対抗させようとしたのである。 ...
  • 奈良県に所在する奈良県全域を放送対象とする唯一のラジオ局でもある。 ...
  • 各県の表示順は以下のようにさまざまな表示順が存在する。 ...
  • 交通の便の良さを生かして以前より企業・大学誘致に力を注いでいる。 ...
  • 広義では滋賀県を含めた2府4県を指す場合もあるが正式な規定は無い。 ...
  • 奈良時代に日本をリードした学者・政治家の吉備真備は下道氏である。 ...
  • 奈良時代に日本をリードした学者・政治家の吉備真備は下道氏である。 ...
  • 郡の下の単位が県であり、その長は一万戸以上の場合は令・万戸以下は長と呼ばれる。 ...
  • 奈良線・和歌山線の電化では、103系からの改造編入車が配置された。 ...
  • 奈良線・和歌山線の電化では、103系からの改造編入車が配置された。 ...
  • 今も交差ガード付近にかつての奈良行きホームと階段の一部が残っている。 ...
  • 今も交差ガード付近にかつての奈良行きホームと階段の一部が残っている。 ...