奈良時代

2,169 の用例 (0.02 秒)
  • 日本には奈良時代から平安時代にかけて中国から伝わったと考えられる。
  • 平仮名のもとになったのは、奈良時代を中心に使われていた借字である。
  • 現在ではこの馬の骨は奈良時代頃のものではないかと考えられている。
  • 奈良時代から現代に至るまでの日本語の文法史研究に大きな影響を与えた。
  • 日本には奈良時代ごろに雅楽とともに伝わってきたと考えられている。
  • 奈良時代後期に有力貴族であった石上宅嗣によって平城京に設置された。
  • 奈良時代にはすでに家芸を父子相伝する習慣があったと考えられている。
  • 引用された内容が事実ならば、奈良時代末期には作られていたことになる。
  • おじいさんは、奈良時代と平安時代の違いをいろいろと説明してくれた。 江川紹子『私たちも不登校だった』より引用
  • 日本において奈良時代には、記録の上では桜は余り省みられていなかった。
  • 寺伝によれば奈良時代の宝亀2年に法道仙人により開祖されたとされる。
  • しかし奈良時代になると、鬼瓦に形を変え広がっていったといわれている。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 09 阿波・土佐・伊予・讃岐』より引用
  • 上代日本語とは、奈良時代およびそれ以前に使用されていた日本語である。
  • 奈良時代に日本をリードした学者・政治家の吉備真備は下道氏である。
  • 由来は不明であるが、奈良時代末期から平安時代初期の制作とされる。
  • 奈良時代に仏教寺院で行われていた伎楽は、次のような上演様態をもつ。
  • 奈良時代の官庁や大寺院には多数の倉が並んでいたことが記録から知られる。
  • 地名の由来は二説あり、ひとつは奈良時代に創建された龍華寺によるもの。
  • 日本の歴史書に飛鳥時代・奈良時代に栽培していたという記載があるのみである。
  • したがって収録されている作品のもっとも新しいものも奈良時代末期までのものである。 久保田正文『百人一首の世界』より引用
  • 次へ »