奈良市

614 の用例 (0.01 秒)
  • ダイエー富雄店は奈良県奈良市富雄元町二丁目にある大型商業施設である。
  • 一般財団法人奈良市総合財団が指定管理者として管理運営にあたっている。
  • ホテル日航奈良は、奈良県奈良市のJR奈良駅前にあるホテルである。
  • かくて五条市のエリートたちの車に乗って、私は奈良市を後にしたのであった。 上坂冬子『おんなの一人旅』より引用
  • 京都市と奈良市を結ぶ国道24号が南北に横断し、両市のほぼ中間にある。
  • 城陽市は、京都府南部に位置する市で、京都市と奈良市のほぼ中間に位置する。
  • 父親の仕事のためで4歳で岡山市に、小学校1年生の時に奈良市に転居した。
  • 御嶽教は奈良県奈良市に教団本部を置く教派神道で、神道十三派の一つ。
  • 生駒市・奈良市の西部の各市立中学校の通学区域を学区としている。
  • 往古は、お渡り式には奈良市中の旧村落の地元住民らにより奉仕されていた。
  • 国道169号は、奈良県奈良市から和歌山県新宮市に至る一般国道である。
  • この店舗は、建物の北側が京都府木津川市に、南側が奈良県奈良市に位置する。
  • 国道370号は、和歌山県海南市から奈良県奈良市に至る一般国道である。
  • 一時、大和郡山市から奈良市登美ヶ丘への学園の移設の計画があった。
  • 奈良市は、日本の奈良県の北部に位置する都市で、同県の県庁所在地である。
  • 奈良市立図書館は、奈良県奈良市にある市立図書館である。
  • 奈良県奈良市にある車両基地で、かつての奈良電車区の検修部門を継承している。
  • 奈良市油留木町の岡田栄蔵氏が独力で五年にわたって編集に努力した。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • 奈良県奈良市で七十九世金春信高の長男として生まれる。
  • 九内堂あるいは九納堂くのうどうとあって、今の奈良市公納堂町にその名が遺っている。 喜田貞吉『俗法師考』より引用
  • 次へ »