奈良市月ヶ瀬

5 の用例 (0.00 秒)
  • かつては近辺の松阪市御麻生薗産の麻を使用していたが、現在は奈良県奈良市月ヶ瀬産の麻を使用している。
  • 奈良市月ヶ瀬付近から、高山ダムが迫るため川面が谷全体に広がり出し、そのまま京都府に入る。
  • ただし地元住民による両機殿での奉織は神御衣祭に必要な和妙36匹と荒妙120匹のうちの各1匹のみで、残りの和妙・荒妙は他に必要とされる頚玉・手玉などと合わせて木曽川町と奈良市月ヶ瀬の専門の業者に奉織を委託している。
  • 奈良県道・京都府道753号月ヶ瀬今山線は、奈良県奈良市月ヶ瀬尾山を起点に京都府相楽郡南山城村北大河原に至る一般府道である。
  • 地元で「おんぞさん」と呼ばれるこの行事は戦国時代に中絶となり、皇大神宮の神職による形式的な祭祀のみが行なわれ、愛知県で奉織された和妙や、奈良県奈良市月ヶ瀬で奉織された荒妙などが神御衣祭に供えられていた。