奈良市北部

10 の用例 (0.00 秒)
  • 奈良ドリームランドは奈良県奈良市北部に存在した遊園地である。
  • 奈良市北部の新興地域を行くこのあたりは、新しい住宅地と古墳群が同居している。
  • 会の名称である佐保は、校舎が立地する奈良市北部の地名にちなんで命名されたと解されている。
  • 近鉄奈良駅前から奈良公園を通り、奈良市北部から平城古墳群を抜けて、平城宮跡に至る。
  • 主に、奈良市北部、木津川市、精華町エリアを担当する。
  • 近鉄けいはんな線も、現段階では学研都市の区域の一部をかすめるだけで文化学術研究地区には乗り入れておらず、学研都市全体へのアクセス路線というよりも、奈良市北部のベッドタウンから大阪市内への通勤・通学路線という性格が強い。
  • リニア中央新幹線の新駅設置場所についての考えを尋ねる県のアンケートに奈良市は2012年10月25日に「奈良市北部の関西文化学術研究都市が妥当と思われる」と回答している。
  • 奈良市北部会館は、2004年7月20日に平城・相楽ニュータウン内に開館した、奈良市民が文化活動、教養の向上及び健康の保持を図るためのコミュニティーセンター。
  • 奈良市北部の佐紀丘陵の南西斜面先端部に立地するコナベ古墳は、大小60あまりの古墳よりなる佐紀盾列古墳群の東群に属し、その東にはウワナベ古墳、北西には磐之媛命の陵墓に治定されるヒシアゲ古墳がある。
  • 開業当初は、奈良右京郵便局、南都銀行西大寺支店平城出張所、大阪ガスサービスショップ高の原ガスセンター、奈良市北部出張所、奈良警察署平城派出所、そして個人商店と近商ストア平城店が入居していた。