奈良大学

全て 名詞
22 の用例 (0.00 秒)
  • 執筆者は奈良大学の教授で水野正好という人であった。 内田康夫『斎王の葬列』より引用
  • 又、一定基準をクリアすると奈良大学へ入学できる制度がある。
  • 学校法人奈良大学によって運営されている。
  • 当初、紀元前4630年ぐらいのものという説があったが、これに否定を唱える学者がいたため奈良大学で発掘物の炭素検査を行った。
  • また、奈良大学の通学路となっており、通学中は原付バイクに注意する必要がある。
  • 森 三紀は京都府京都市出身の製図家・地図学者・森図房代表・白蓮理事であり、立命館大学・奈良大学非常勤講師である。
  • 異説として、高橋誠一が奈良大学名誉教授の野崎清孝から教示された説がある。
  • 奈良大学は1969年、世界的視野に立ち社会に貢献する人材の育成を目指す学府として開学した。
  • 日本では、黄銅の製法は18世紀、江戸時代になって普及したとされてきたが、2014年4月21日、12世紀の平安時代に作られたとされる写経に、黄銅が大量に使われていることが、奈良大学東野治之教授たちの調査で判明した。
  • 奈良大学学長退任後は、他のすべての公職から退いた上で、砺波散村地域研究所所長となった。
  • ただし、異説があり、奈良大学の水野正好は、石の種類、築造年代などから蘇我稲目説を唱えている。
  • こうした初期の成果が三品彰英などに高く評価され、京都にうつり、天理大学・立命館大学・奈良大学などで教壇に立つ。
  • 学校法人奈良大学の歴史は1925年、薮内敬治郎が向学の精神に燃える青年のために創立された南都正強中学に遡る。
  • Landschaft論に近い学者として、京都大学文学部教授や奈良大学学長などを務めた水津一朗がいる。
  • これが奈良大学の教育の原点であり、「正しく強く生きる」こと、「努力することが大切である」ことが建学の精神であり、奈良大学・同附属高等学校・同附属幼稚園はこの原点と精神を継承し、平成27年に創立90周年を迎える。
  • 奈良大学文学部文化財学科内に事務局を置く。
  • 奈良大学の附属学校である。
  • 黒沢幸三の1972年奈良大学紀要第1号『ワニ氏の伝承氏名の由来をめぐって』の一部要約を示す。
  • 専攻などとして設置されている事例としては、筑波大学大学院人間総合科学研究科の「世界遺産専攻・世界文化遺産専攻」、奈良大学文学部の「世界遺産コース」、サイバー大学の「世界遺産学部」などが挙げられる。
  • 長く、奈良大学文学部地理学科で教鞭を執り、地形学、自然地理学、地理学講読・調査法、地理学演習を教えていたが、2010年に定年退職し、名誉教授となった。
  • 次へ »