奈良城義胤

22 の用例 (0.00 秒)
  • 以前は、奈良城義胤に仕え、伊吹野の代官をつとめていた人物であった。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • それが、城内の支配者は、すでに奈良城義胤ではなくなっていることを、示した。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • 奈良城義胤は、その六十年の生涯において、自ら合戦を起したことは、一度もない。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • 奈良城義胤は、岨路を崩してしまうと同様に、桟道をも落してしまっている。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • 五年前まで、伊吹野の管領かんれいであった奈良城義胤の嫡子であった。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • 奈良城義胤め、城を奪われるのを予想して、ひそかに、大庄山へはこび去って居ったものよ。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • 奈良城義胤は、名君と称されたこともあるぞ。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • 大庄山へ追い上げてしまった奈良城義胤など、もはや、なんのねうちもない存在だとばかり思っていた豪太夫である。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • その武力によって、伊吹野から、奈良城義胤を追うに、わずか二十日あまりを要しただけであった。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (上)』より引用
  • したがって、この伊吹野の支配者が、田丸豪太夫であろうと、奈良城義胤であろうと、どうでもよい。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (下)』より引用
  • 伊吹野城は、奈良城義胤様のものじゃ。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • その頃すでに、奈良城義胤は、ひそかに、たくわえていた兵糧を、大庄山の城砦へ、はこびはじめていたのである。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (上)』より引用
  • 城内の構造も、城主が奈良城義胤時代に、城造りの人夫として、長いあいだ、働いていた男が、公卿館にいて、その記憶を見取り図にさせて、夜八郎は、おぼえ込んでいた。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • 伊吹野ひろし、といえども、大庄山へ登って、奈良城義胤と時おり会っているのは、黙兵衛ただ一人であった。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (中)』より引用
  • 奈良城義胤は、城門をひらいて、田丸豪太夫に降服し、大庄山へ去ったのである。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (上)』より引用
  • 五年前までは、伊吹野の管領の実権は、西方にそびえる大庄山に蟠踞する奈良城義胤よしたねの手に在った。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (上)』より引用
  • 田丸豪太夫の攻撃をおそれた奈良城義胤が、まるで狂気にちかい必死な努力で、登り道をふさいでしまったのである。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (下)』より引用
  • その米をつくる農夫が、さげすまれ、奴隷のごとく、扱われていることに矛盾があるが、それはさて措き、米をつくろうとしている農夫に、水を呉れるのを拒否することが、伊吹野の領主たりし奈良城義胤のなすべきことかどうか、考えれば、自明の理であろう。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (下)』より引用
  • 奈良城義胤が、兵糧と武器を、ことごとく、大庄山にはこび去っていたことが判ったのは、田丸豪太夫が、入城してみてからであった。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (上)』より引用
  • 数十年にわたる奈良城義胤の仁慈の政治を享けながら、田丸豪太夫が、暴風雨のごとく攻め入って来るや、ただ、おそれおののいて、家の中にかくれひそんでいたばかりであった。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (下)』より引用
  • 次へ »