奈々子

全て 名詞
1,174 の用例 (0.01 秒)
  • 考えてみると奈々子はいままでこちらが攻撃することしか考えなかった。 横溝正史『夜の黒豹』より引用
  • 彼は、奈々子さんの部屋のすぐ上が物置になっていることを知っていた。 横溝正史『華やかな野獣 他二篇』より引用
  • 心配をかけないために、自分の代りに奈々子にベルを鳴らしてもらった。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 奈々子はそれらの野次馬の視線のなかで身がすくむような思いであった。 横溝正史『夜の黒豹』より引用
  • 勢いよくドアを開いたとたん、奈々子はそこに棒立ちになってしまった。 横溝正史『夜の黒豹』より引用
  • 奈々子の日本風のドイツ語が通じたのか、リヒャルトはちょっと笑った。 赤川次郎『南十字星』より引用
  • 奈々子はいまその実証をここにハッキリ見せられたような気持ちだった。 横溝正史『夜の黒豹』より引用
  • そうして父は奈々子がこの世を去る数時間以前奈々子に別れてしまった。 伊藤左千夫『奈々子』より引用
  • パッと降りたら、まだ奈々子が目の前に立っていた、というわけである。 赤川次郎『南十字星』より引用
  • 彼は誠実な声で言うと、腕を伸ばして奈々子の頭を自分の腕に抱き寄せた。 森瑤子『デザートはあなた』より引用
  • 宿直室へも二、三度行ったことがあるので奈々子には勝手がわかっていた。 横溝正史『夜の黒豹』より引用
  • さらに初期メンバーだった藤崎奈々子もアヴィラからの独立を発表した。
  • 念のために電話をかけてみたが案の定奈々子はもうそこを出ていた。 横溝正史『夜の黒豹』より引用
  • それから約一時間半ののち奈々子は築地の聖ニコライ病院の構内にいた。 横溝正史『夜の黒豹』より引用
  • 日本語が分ったわけじゃないだろうが、その男は奈々子をおろしてくれた。 赤川次郎『南十字星』より引用
  • そのためにも、かれは奈々子の心臓をえぐっておく必要があったのだ。 横溝正史『華やかな野獣 他二篇』より引用
  • ここで、奈々子は、「絶対にやってはいけないこと」をやってしまった。 赤川次郎『南十字星』より引用
  • ぼくが入っていったときには、奈々子はもう締め殺されていたんです。 横溝正史『華やかな野獣 他二篇』より引用
  • しかし、その「理由」というのが何なのか、奈々子には見当もつかない。 赤川次郎『南十字星』より引用
  • その二人だって、好きで奈々子をびっくりさせたわけではなかった。 赤川次郎『南十字星』より引用
  • 次へ »