奇襲

全て 名詞
3,605 の用例 (0.01 秒)
  • 自らの主が襲われたと知れば、二度と奇襲の機会など与えてはくれまい。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 朝丘君の奇襲攻撃には慣れたつもりでいたが、かなり動揺してしまった。 山本文緒『プラナリア』より引用
  • 彼らの息をつかせぬ奇襲攻撃に、その姿さえ捉えることができなかった。 新堂冬樹『ブルーバレンタイン』より引用
  • この将軍は奇襲隊を指揮して敵の本陣を側面から衝く手筈になっていた。 高千穂遙『美獣 神々の戦士』より引用
  • 彼女が望んでいるのは、奇襲することではなく、奇襲されることだった。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • 特に近年の非対称戦争では武装勢力の奇襲攻撃に使用されるケースがある。
  • 奇襲きしゅうを受けて大きな被害ひがいを出したとはいえ、兵力には圧倒あっとう的な差もある。 喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』より引用
  • 風土記に香椎のことを奇襲と書いて可紫比と読むようにしるされている。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • 奇襲をかけるつもりだったらしい当人が、ゆっくりと視界にあらわれた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • そうでない場合、ある程度の奇襲攻撃をかけることができるかもしれない。 バローズ/関口幸男訳『恐怖のペルシダー』より引用
  • あたりがどんなに人気ないように見えても奇襲を警戒しなければならなかった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • 九州戦での奇襲の成功により、敵はその勢いを持続させようとするはずだ。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 12 山口防衛戦』より引用
  • 攻撃直前までこちらの姿を隠しておかなくては、奇襲にならないからである。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • しかしながら両軍が相手に奇襲的攻撃を実施するために接近する状況がありうる。
  • 奇襲なしで、四体もの死せる騎士と正面から対決するのはさすがに厳しい。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • ところが攻撃開始前に、日本の機動部隊はアメリカの航空機に奇襲を受けた。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • 奇襲きしゅうによる先制を敵に許さない、という戦いの基本を仕込むためである。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第14巻』より引用
  • 軍隊がひっそりと進むのは、奇襲のとき以外に考えられるであろうか? 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 作戦的な奇襲は、主として戦闘状態にあって 場合を指す戦闘行為である。
  • ならば、戦力に劣る白服達は屋根を通って奇襲してくる可能性が大きい。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • 次へ »