奇術

全て 名詞
1,491 の用例 (0.01 秒)
  • 米太郎は見ただけでは奇術の種は判らないだろうと乾吉に訊いています。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • 米太郎はこうした世界に遊び、パリの万博で海外の奇術とも接していた。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • 直接舞台に掛けるわけでもない、カード奇術なども熱心に研究していた。 泡坂妻夫『喜劇悲奇劇』より引用
  • 首領かしらに戻って、腕を組んで、三人の奇術師のようすをながめました。 豊島与志雄『金の目銀の目』より引用
  • こうしてトリックを中心とした、探偵小説風な奇術解説書が出来上った。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • その一城から「奇術を教えてやろうか」と言われ、ふとその気になった。 泡坂妻夫『喜劇悲奇劇』より引用
  • 世界でこれほど多くの奇術を芝居に取り入れた演劇は類を見ないでしょう。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • それが契機になってフーディニは奇術師としての生涯を送ることになる。 加藤秀俊『一年諸事雑記帳(下) 7月~12月』より引用
  • 助手は奇術師より、いつも一歩後ろにいて、絶対に目立つ動きをしない。 泡坂妻夫『喜劇悲奇劇』より引用
  • 現在では日本の奇術愛好家人口も増加し、全国各地に同好会が存在する。
  • 外科医としての腕は有名だったが、奇術となるとまるで頼りがなかった。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • そのとき、まったく別な言葉を口にするなど、奇術か曲芸に近いと思う。 半村良『亜空間要塞の逆襲』より引用
  • 湿地帯を越える前、街道の小屋で興行していた奇術師と一緒にいた娘だ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09a D-蒼白き堕天使1』より引用
  • 普通の観客のように、奇術を見て、素直に不思議がったりはしない人間だ。 泡坂妻夫『喜劇悲奇劇』より引用
  • とにかく、奇術家会議はある成果を収めながら、順調に最終日を迎えた。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • ひとつ高笑いすると、彼女は奇術師のような手つきで何かを取り出した。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿08 水妖日にご用心』より引用
  • なかなか学びにくい女の奇術で、 あいつ等は物のたいと影とを分けて使う。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • 数字が残されていたら、奇術家はもっと花札を利用していたでしょう。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • ふつう奇術師って、他人の前でネタを見せるなんてこと絶対にやらない。 矢野誠一『さらば、愛しき藝人たち』より引用
  • 日本奇術界の発展の一環として、国際交流などの舞台に多く登場している。
  • 次へ »